編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

東芝ソリューショングループ、中本賢氏を招き「環境フォーラム」を開催

~ 市民との環境コミュニケーション活動の一環。約550名が参加 ~

東芝ソリューション株式会社

2013-12-10 11:00

東芝ソリューション株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:河井信三)は、府中市、府中市環境保全活動センターのご後援をいただき、12月3日に府中グリーンプラザにて、東芝グループCSR月間行事として「環境フォーラム」を開催しました。


 今年で8回目となる本フォーラムは、約550名(社内中継含む)のご参加をいただき、環境について共に考えることができました。当日は、俳優の中本賢氏による『多摩川はオモシロイ~身近な自然と水辺の環境~』と題した講演を行いました。講演では、1985年に東京都西南部を流れる多摩川の付近に転居し、息子さんとの多摩川での川遊びがきっかけで始めた約30年にわたる流域における自然観察の実体験をもとに、1970年代には生活排水による水質汚染が進み、魚が住めない川と思われていた多摩川の中流域以降の環境が、下水処理施設の普及による水質改善に伴い、どのように再生してきたのか、そして、ここで逞しく生息している魚や動物、野鳥の意外な生態について、豊富な観察映像を紹介しながらわかり易く解説。身近な川辺を探索する面白さや驚き、そして多摩川の環境が、さらに豊かになるために、もっと多くの人がこの川の現状や自然環境に関心をもつことの大切さについて、お話しいただきました。講演後の参加者アンケートでは「身近な環境が、理解できました。」「多摩川をもっと観察してみれば身近な発見ができること、自分にもできることが色々見つかりそうな気がしました。」「子供のころの気持ちで自然に接したいと、つくづく思いました。」「多摩川に対する見方が変わりました。娘と一緒に多摩川に行こうと思います。」などのご意見をいただきました。


 東芝ソリューショングループは、グループ全体で約3,500人の社員が府中市内の事業所でITソリューション事業に従事しています。毎年、府中市で開催される環境関連行事(*1)に参加し、市民の方々と交流を深めています。本フォーラムは、東芝ソリューショングループの地域貢献の一環として、市民の方々と共に環境保護の重要性を考える場として、今後も継続していきたいと考えております。


 東芝ソリューショングループは、「つながる」コミュニケーションでより良い地球環境の実現をめざしています。

このプレスリリースの付帯情報

用語解説

(*1) 府中環境まつり

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]