ニューテック、SupremacyIIIシリーズを発表

ベストセラーSupremacyIIの後継機種

株式会社ニューテック 2014年05月07日

株式会社ニューテック(本社:東京都港区、代表取締役社長:笠原 康人、以下ニューテック)は、自社開発RAID製品であるSupremacyIIシリーズの後継機種となるSupremacyIIIシリーズを、5月14日(水)から東京ビッグサイトで開催されるデータストレージEXPOにおいて発表します。

SupremacyIIIシリーズはニューテックが自社開発した4世代目のRAID製品で、コントローラは、マルチコアCPUの採用、キャッシュメモリの容量アップなどを行うことで、前モデルからの性能アップを実現しました。また筺体はシングルコントローラ専用の2Uサイズで、16台のディスクドライブ(以下HDD)を搭載可能です。HDDを前面に12台、背面に4台と、2Uサイズとしては業界最大(3.5インチHDD、発表日時点)の搭載数です。電源はホットスワップ対応の電源を2台使用し冗長化しています。ホストI/FはFibre Channelでは現在最高速の16Gbpsに対応したポートを2ポート装備しており、従来の8Gbpsにも対応しています。

初代Evolutionシリーズから実装しているHDDのステータスを表す7色に光るLED、サーフェスベリファイ、パワーセーブ機能や不良セクタの修復機能を継承し、従来モデルでは対応していなかったRAIDレベルマイグレーションやボリュームエクスパンション機能を追加で実装しました。従来モデルで対応していたJBODやRAID51、61レベルについては順次対応する予定です。

リーズナブルな価格で16GbpsのSANを構築したいお客様に最適な製品で、これまでSupremacyIIシリーズを始めとしたニューテック製品をご使用のお客様にもこれまで以上の品質と性能をご提供できるものと考えております。

データストレージEXPOでは16Gbpsの環境下でパフォーマンスデモンストレーションを実施します。製品出荷は8月初からを予定しており、ニューテックでは今期100台のSupremacyIIIシリーズの販売を見込んでいます。

※記載されている会社名、製品名等は、各社の商標または登録商標です。ニュースリリースの情報は、発表日時点のものです。その後、予告なしに変更されることがありますので、予めご了承ください。

このプレスリリースの付帯情報

SupremacyⅢシリーズ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ニューテックの関連情報

株式会社ニューテック

株式会社ニューテックの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。