CData ODBC Driversを使うことで、NoSQL DBやクラウドサービスがRDBのようにMagic xpiのデータマッパーで接続・連携することが可能に

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社 2016年12月20日

エンタープライズ・アプリケーションプラットフォームとビジネス・インテグレーション基盤のグローバルプロバイダーであるマジックソフトウェア・ジャパン株式会社(代表取締役社長:佐藤敏雄 本社:東京都新宿区 以下マジックソフトウェア)は、CData ODBC Drivers とMagic xpi の接続を行った結果をまとめたページ公開しました。

CData ODBC Driversを使うことで、NoSQL DBやクラウドサービスがRDBのようにMagic xpiのデータマッパーで接続・連携することが可能になります。

今回公開された接続ナレッジはSalesforce、Marketo、Google BigQuery、MongoDB、NetSuite、GoogleAnalytics、DynamoDB、ActiveDirectory、Apache Cassandraとなります。詳しくは以下をご覧ください。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社の関連情報

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]