東京大学が、東京大学の教員の卓越性と多様性を示す著作物(書籍)を著者自らが紹介する場としてウェブサイト「UTokyo BiblioPlaza」を開設

東京大学 2017年09月26日

From Digital PR Platform


「UTokyo BiblioPlaza」は2017年3月末、東京大学の教員の卓越性と多様性を示す著作物(書籍)を著者自らが紹介する場として新たにオープンしたウェブサイト。著者本人や編者、翻訳者が自分の仕事の卓越性や学術的・社会的な意義を述べた著作物の紹介ページは、この「UTokyo BiblioPlaza」のオリジナルな情報発信ともいえる。このたび英語ページを開設して、ウェブサイトのデザインも大幅にリニューアル。海外の読者も楽しめる、より国際的な発信を進める。


●UTokyo BiblioPlaza (日本語ページ)
  (リンク »)

●UTokyo BiblioPlaza (英語ページ)
  (リンク »)

----- UTokyo BiblioPlaza は、本学の教員の研究を知ろうとするみなさんの学びの導きとなる書棚であり、多様な学知の拡がりにふれていただくための広場です。これからどんな専門領域を学ぼうか考えている学生のみなさんをはじめ、次世代をになう国内外のみなさんに、大学における知の卓越性や多様性を伝えることを目的に開設されました。
 学問の成果は、時間をかけて編まれた分厚い書物として刊行されることも少なくありません。書いたひとたち自身が語るというかたちを基本に、その著作物一冊一冊の内容とイメージを紹介しています。現物を手にとってみたいときには、東京大学内の図書館などでも出会えたり、出版社から入手したりできるよう、関連する書誌情報も載せています。
 精読、速読、拾い読み、摘まみ読み、そして横断検索しての探し読み…… さまざまな読み方を試みてください。
 [UTokyo BiblioPlaza このサイトについて]より -----

◆UTokyo BiblioPlaza / ビブリオプラザ 概要
 「UTokyo BiblioPlaza」のウェブサイトには現在、約210件の著作物が掲載されており、毎週5~10冊の著作物が随時追加されている。出版社が用意した「新刊紹介」でもなく、また他者による「書評」でもなく、著者本人や編者、翻訳者が自分の仕事の卓越性や学術的・社会的な意義を述べた著作物の紹介ページは、この「UTokyo BiblioPlaza」のオリジナルな情報発信ともいえる。

 ウェブサイトでは教員の所属学部から本を探したり、キーワードから目当ての本を検索出来るほか、東京大学内図書館での貸出状況が一目で確認できるOPACへのリンクや、電子書籍配信サービス「Maruzen eBook Library」へのリンクも設置されており、実際に本を手に取って読んでみたいと思わせる構成になっている。

 ウェブサイトのデザインも大幅にリニューアルして、英語ページも開設。海外の読者も楽しめる、より国際的な発信を進める。

・ウェブサイト企画運営: 東京大学 人文社会科学分野振興WG
・ウェブサイト事務担当: 東京大学 研究推進部研究推進企画課
・ウェブサイト開設日: 2017年3月30日

▼本件に関するお問い合わせ:
 プレスリリースの内容、サイトに関する問い合わせ先
 東京大学研究推進部研究推進企画課
 UTokyo BiblioPlaza担当
 TEL: 03-5841-1737
 EMAIL: kenkyusuishin.adm@gs.mail.u-tokyo.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

東京大学の関連情報

東京大学

東京大学の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]