【正直すぎるコメントを正直に動画にしました!】地下アイドルからお坊さんまでクラフトビールを飲んでもらった『よなよなエールの賛否両論テイスティング』

株式会社ヤッホーブルーイング 2017年10月25日

From PR TIMES

2017年10月25日公開

株式会社 ヤッホーブルーイング(長野県軽井沢町)は、さまざまな年代や職業の方に「よなよなエール」を飲んでいただき正直で率直な感想をインタビューをする動画「よなよなエールの賛否両論テイスティング」を10月25日(水)に公開します。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]




肯定も否定も、斜め上をゆくコメントも、あくまで「※個人の感想です」


ヤッホーブルーイングのフラッグシップビールである「よなよなエール」を、インド料理店のインド人店長や地下アイドル、お坊さん、渋谷のギャル、サラリーマンなど沢山の方々に飲んでいただきました。人間に個性があるように味や香りの感じ方は人それぞれ。否定的な意見も歓迎するというスタンスのもとインタビューを実施したところ、想定以上に自由で率直なご意見を集めることができました。集まったお客様の賛否両論の正直なコメントを、あくまで「個人の感想」として正直に動画にまとめました。



「よなよなエールの賛否両論テイスティング」に込めた真面目な想い



[画像3: (リンク ») ]

ヤッホーブルーイングは、日本におけるクラフトビール文化の浸透を目指しています。動画では、クラフトビールの魅力である「個性」「多様性」「自由さ」「楽しさ」を、キャラクターの違う“多様“で”個性的”な出演者の皆さんから“自由”にコメントをいただくことで表現しました。総勢19名の全く異なるコメントをテンポよく紹介することで、「いったいどんな味なんだよ!」と見る人がクスっと笑ってしまうような“楽しい”動画を目指しました。

▼WEB限定ショートムービー「よなよなエールの賛否両論テイスティング」
YouTube URL: (リンク »)
画像素材: (リンク »)





「よなよなエールの賛否両論テイスティング」 ストーリーボード


動画は、会社員女性の「普段は“他社のビール”派なんですけど、まぁ気分転換にはいいかな」という個人の感想から始まります。そしてこの動画のテーマでもある「よなよなエールの賛否両論テイスティング」のオリジナルロゴを皮切りに、個性的な面々が次々に登場。よなよなエールを飲んでみた感想を、正直なコメントや、一風変わった方法で表現します。
[画像4: (リンク ») ]

広尾で人気インド料理店を営むインド人店長は、「YONA YONA ALE(よなよなエール)」を「ヨナヨナアレ」と陽気なダンスをしながら読み間違えます。さらにアルコール度数を高めるようリクエスト。お坊さんは味わいを書で表現します。よなよなエールの香りを一文字でしたためようとしたところ「香」という漢字が分からなくなってしまいました。
[画像5: (リンク ») ]

人気地下アイドルユニット「ボクらのお遊戯」のお2人はまさかの「きなこ棒」の香りをキャッチ、御年82歳のおじいさんはなぜか唄で表現してくださいました。居酒屋にいたサラリーマンによると、よなよなエールは(具によると思いますが)おでんに合わないということでした。
[画像6: (リンク ») ]

さらに、声優、大学生、デート中のリア充カップル、作家、ブレイクダンサーと続きます。個性的なファッションのご婦人お2人は、デザインの地味さと価格の高さを一蹴。同業者であるクラフトビールメーカーの社長さんは、やはりご自身のビールがお好きという納得のコメントです。
[画像7: (リンク ») ]

渋谷のギャルには、よなよなエールの香りの特徴は伝わっていたものの、デザインシンボルである「月」のマークはグレープフルーツだと認識されてしまいました。ヴィレッジヴァンガードの店員の方には得意のPOPで率直なご意見をいただきました。

[画像8: (リンク ») ]

その他にも、葉山在住の女性サーファーや、シンガーソングライター、ヤッホーブルーイングのファンの皆さまや、ビアパブの店長さんが登場します、総勢19人の方にいただいたコメントは賛否両論どころではなくそれぞれが正直すぎる自由な意見でした。つくり手としては「ちょっと違うんだけど…」と思うコメントもありましたが、そんな個性あふれる自由な雰囲気こそがクラフトビールの魅力であり、動画の最後は「個性があるから、クラフトビールはおもしろい。」というヤッホーブルーイングの想いでラストを迎えます。

[画像9: (リンク ») ]



Twitterで皆さんの「#個人の感想です」を募集します


動画公開を記念して、10月31日(火)~11月7日(火)の1週間、Twitterで「#個人の感想です」を募集するキャンペーンを実施します。ヤッホーブルーイングの公式アカウントで発表されるお題に合わせて、「よなよなエール」を飲んだ「#個人の感想です」をTwitterに投稿していただくと、おもしろ作品を投稿してくださった10名の方に特製座布団が当たります。キャンペーン詳細は、10月30日(月)よりヤッホーブルーイング公式Twitterアカウント@yohobrewingにてご覧いただけます。



「よなよなエール」製品概要
[画像10: (リンク ») ]

「よなよなエール」はそれまで画一的なビールしかなかった日本に、個性豊かなクラフトビールの文化を根付かせたいという想いから「家庭でも飲める手軽な本格エールビール」というコンセプトのもと1997年に誕生しました。ビアスタイル(ビールの種類)は、アメリカン・ペールエール。厳選されたアロマホップ「カスケード」とアメリカンエール酵母のエステル香が織りなす柑橘類を思わせるアロマが特徴です。今年で発売20周年を迎え、日本を代表するクラフトビールとしてご好評いただいております。


[画像11: (リンク ») ]

株式会社ヤッホーブルーイング
「ビールに味を!人生に幸せを!」というミッションのもと、日本のビール文化にバラエティを提供し、お客様にささやかな幸せをお届けするという想いで、品質にこだわった個性的で味わい豊かなクラフトビール*を醸造しています。今後もより美味しいビール造りを目指し、お客様にささやかな幸せをお届けできるよう努力してまいります。
*クラフトビールとは、小規模な醸造所がつくる、多様で個性的なビールのことを指します。

ヤッホーブルーイング公式サイト: (リンク »)
「よなよなエール」ブランドサイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]