編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

月桂冠「特撰」が「グレートバリュー・アワード」受賞(IWC2018・SAKE部門) 優れたコスパの酒として最高峰

月桂冠株式会社

From: 共同通信PRワイヤー

2018-07-11 15:45

2018年7月11日

月桂冠株式会社

IWC2018・SAKE部門で
月桂冠「特撰」が「グレートバリュー・アワード」受賞
高品質かつ最も優れたコストパフォーマンスの酒として最高峰

月桂冠「特撰」が、国際的な酒類品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2018」で、「グレートバリュー・アワード」を受賞しました。SAKE部門全エントリー1,639銘柄の中から、高品質でありかつ最も優れたコストパフォーマンスの酒(720mL換算で10万本以上を生産し、日本での小売価格1,000円以下)として、月桂冠「特撰」1点のみが認められたものです。7月10日(現地時間)、イギリス・ロンドンのグロブナーハウス・JWマリオット・ホテル ロンドンで開催された「IWC2018 Awards Dinner」の中で賞が発表され、月桂冠の常務取締役・大倉博が式典に臨みました。

月桂冠「特撰」は、醸造に適した上質の原料米をていねいに磨いて、低温でじっくり醸し、適度の熟成で香味を整えた本醸造酒です。優雅な香りと上品でふくらみのある風味により、料理の食味を邪魔せず調和をもたらすという特性を備えていることから、現在に至るまで、月桂冠の地元・京都の料亭などでも多く採用されています。

IWC(本部・イギリスロンドン)は、1984年に創設された世界最大規模と称される品評会です。「ワイン部門」に加えて、2007年、新たに「SAKE部門」が設けられ、今年で12回目を迎えました。IWCの審査は、厳しいプロセスに準拠しており、「マスター・オブ・ワイン」(最難関のワイン資格)所持者や、ソムリエ、バイヤー、ライターなどの業界関係者によって、公平に行われています。
IWC2018・SAKE部門へのエントリーは過去最高の1,639銘柄で、うち97銘柄がゴールドメダルを受賞しました。うち本醸造カテゴリーでは、月桂冠「特撰」含む5銘柄が「ゴールドメダル」を受賞しています。さらに、ゴールドまたはシルバーメダル受賞酒の中から高品質で優れたコストパフォーマンスの酒として、月桂冠「特撰」含む3銘柄だけに「グレートバリュー・サケ」が授与されました(5月18日、山形県で授賞式開催)。今回、「グレートバリュー・サケ」の最高賞にあたる「グレートバリュー・アワード」を、最終決戦となるロンドンでの式典で受賞したものです。

月桂冠では基本理念の一項目に「QUALITY」(品質第一)を掲げ、普通酒から純米大吟醸まで、どのジャンルにおいても最高品質の酒を目指して製造に取り組んでいます。それは、「常に消費者の満足を獲得できる」ことであり、「競争力のある価格で提供する」ことを旨としています。そのことが評価され、今回「特撰」が「グレートバリュー・アワード」に選ばれたものと考えています。当社では、「QUALITY」を貫く酒造りに、これからも取り組んでまいります。

■受賞概要と商品
品評会名:インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2018
受賞部門:SAKE部門
受賞名:グレートバリュー・アワード(IWC Great Value Champion Sake 2018)
受賞商品:月桂冠「特撰」
      【1.8Lびん=2,181円、720mLびん=919円、300mLびん=420円、
        いずれもアルコール分16度以上17度未満、価格は参考小売価格・消費税別】
発表日時:2018年7月10日(火)午後8時(現地時間)から開催された
       「IWC2018 Awards Dinner」の中で発表
会場:イギリス・ロンドンの「グロブナーハウス・JWマリオット・ホテル ロンドン」



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]