LINEを活用した来店前注文で接客オペレーションの業務効率化を実現 キャッシュレス決済対応の「来店前注文システムソリューション」を提供開始

株式会社パイプドビッツ 2019年05月08日

From DreamNews


 株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO 林哲也、以下「パイプドビッツ」)は、LINEから手軽に来店前注文ができ、事前のキャッシュレス決済で接客オペレーション業務を効率化する「来店前注文システムソリューション」を開発し、本日2019年5月8日より提供開始しました。本ソリューションにより、テイクアウト商品の注文や支払いにかかる手間をなくし、商品を受け取るまでの待ち時間を削減できます。

▼「来店前注文システムソリューション」
URL: (リンク »)






■ 開発背景
 近年、共働き世代の増加やライフスタイルの多様化に伴い、調理された惣菜などを購入して自宅で食べる「中食(なかしょく)」をする人が増えています。一般社団法人日本惣菜協会が発表した「2018年版 日本惣菜白書」によると、2017年の惣菜市場規模は10兆555億円となり、中食市場は8年連続で拡大しています。また、2019年10月より消費税率が10%に引き上げとなり、飲食料品など一部の特定品目を8%に据え置く軽減税率が導入されることから、デリバリーやテイクアウトの需要は今後益々高まると予想されます。一方、飲食業界においては、人手不足とそれに伴う人件費の高騰が深刻化しており、中食のビジネスチャンスを掴むことは難しい状況にあります。
 そこでパイプドビッツは、来店前にLINEから事前に注文とキャッシュレス決済を完了させ、商品を受け取るまでの待ち時間および店舗側のオペレーションコストを削減するソリューションを提供します。

■ 「来店前注文システムソリューション」の特長
(1)LINEで手軽に注文・決済完了
 利用率の高いLINEを通じて、手軽にテイクアウト商品の事前注文・決済ができ、接客オペレーション業務を効率化します。お客様は事前に受取希望時間を指定できるため、列に並ばずに出来立ての商品を受け取ることができます。飲食店は店舗専用のアプリを一から構築したり、お客様にインストールさせる必要がなく、LINEのトーク内で完結できるため、年代・性別問わず利用を促進でき、早期普及が見込めます。

(2)注文傾向に合わせたセグメント配信で販促効果を拡大
 お客様の基本情報はもちろん、注文履歴や利用頻度、注文時間などをデータベースで一括管理でき、CRM機能を活用して分析することが可能です。分析結果を基に、新商品やキャンペーン情報、クーポンなどをLINEやメールからタイムリーに配信でき、より販促効果を高めることができます。

 今後も業界を問わず、様々なシーンで業務効率化を改善するソリューションを創出してまいります。

■ 株式会社パイプドビッツ 概要
[法人名]株式会社パイプドビッツ
[本部所在地]東京都港区赤坂2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル
[代表者]代表取締役社長CEO 林 哲也
[業務内容]情報資産プラットフォーム事業、広告事業、ソリューション事業
[Webサイト] (リンク »)

■ 本件に関するお問い合わせ先
株式会社パイプドビッツ
販売促進部 重岡
TEL:03-5575-6601

■ 報道関係者様お問い合わせ先
パイプドHD株式会社  (リンク »)
広報部:久保、宮古
TEL:03-6744-8039 FAX:03-3585-0620
E-mail :pr@pipedohd.com

※内容は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]