編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

『 御社の企業ブランド を フィギュア化 します。 』 フィギュア界の最高峰 海洋堂 による、 フィギュアを使った 全く新しい企業PR「 アートロイド 」

株式会社ブラスト

From: PR TIMES

2019-07-25 17:40

2020年、令和、国際行事、プロモーション、記念行事 等、 企業ブランドのフィギュア化、ノベルティ、アート表現 等、 様々な表現が可能な 素体&全身可動フィギュア を リリース!



国内フィギュアメーカーの最高ブランドである《 株式会社 海洋堂 》は、《 株式会社 ブラスト 》( 本社 : 東京都千代田区外神田 6-6-1 / 代表 : 岡部淳也 )と業務提携し、企業からの個別受注生産による、企業PRフィギュア【 アートロイド 】を発表した。

【 アートロイド 】は、これまでのPR手法やメディアの常識を超えた、全く新しい概念のプロモーション・ツール。サイズ全高94ミリ。全身可動[14箇所可動]。
ノベルティ、令和・2020年記念行事用のグッズ等、企業ブランドや新商品、キャンペーン等、様々なプロモーション展開が可能。あらゆる業種や用途にも活用できる、シンプルかつ多様性に優れたPRフィギュアとなっている。小ロット生産にも対応。公式サイトにて 7/25 受付開始。
公式サイトでは詳しい小冊子&アートロイド単体が同包された【 スターターキット 】入手可能。

[画像1: (リンク ») ]


●【 アートロイド 】 公式サイト: (リンク »)
● 海洋堂 公式サイト: (リンク »)
● ブラスト 公式サイト: (リンク »)

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]


● 世界的メーカー&クリエイターが参加!
大ヒット食玩「チョコエッグ」などに代表される、世界屈指のフィギュア・ブランド「海洋堂」により原型、および製作が行われた。全身14箇所の可動箇所に加え、両足裏には磁石が組込まれ、磁石が付く金属板の上であれば、様々なポーズが手軽につけられる。独自パーツ希望の場合も別途可能となっている。デザインは、米国ディズニー、ワーナー・ブラザース等でキャラクターライセンス商品のデザイン・ディレクターを務めた実績のあるハセ・マサノリが担当。くまのプーさん、トイ・ストーリー、バックス・バニー、トムとジェリー等の著名キャラクター商品を数多く手がけた経験と手腕からアートロイドはデザイン開発が行われた。


【 海洋堂 とは 】
1964年創業。動物フィギュア食玩「チョコエッグ」のメガヒット。イギリス大英博物館 公式商品、海洋生物、動物、映画、アニメ等の商品群から、現在のフィギュア業界において、最も一般に認知され、最も高い技術力とセンスを持つ世界屈指のブランド。代表の宮脇修一は、実父が設立した海洋堂を引き継いだ後、著名なフィギュア造型師達をまとめ上げ、独自の技術や発想による商品を数多く展開している。幕張メッセで年2回開催される世界最大級のフィギュアイベント「ワンダーフェスティバル」も同社の主催。2018年より中国において「ワンダーフェスティバル上海」を開催。

【 ブラスト とは 】
映画、テレビ、CM、ネット、アート領域における総合メディア・スタジオ。2019年からは米国での映像コンテンツを手掛ける。代表の岡部淳也は、10代より映画・CMを主としたプロジェクトに数多く関わった後、国内最大のCM製作組織TYOグループへ参加。2007年に円谷プロダクション 代表取締役副社長クリエイティブ総括 へ就任。劇場映画・TVシリーズにおいて、プロデューサー、脚本、ビジュアルスーパーバイザーとして活躍。2018年には経済産業省主催『はばたく中小企業300社』に選定される。本アートロイドにおいては、企画立案から総合プロデュースを務める。


【 お問い合わせ 】
株式会社ブラスト 担当:大友
〒101-0021東京都千代田区外神田6-6-1 斎藤ビル 5F
E-mail : sales2@blast.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]