編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

リモート管理を楽にするPowerShellコマンド10選

Jesus Vigo (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-06-17 06:30

 世の中では、少ない労力で多くの成果を上げるのがよいこととされているが、IT業界も例外ではない。多くのデバイスを管理している小さなチームでは、何十万台ものデバイスを管理できるPowerShellのスキルを習得すれば、優秀なスタッフが何人も増えたのと同じ効果がある。

 では、まずPowerShellの機能を最大限に活かすために必要な環境について確認したあと、さっそく、リモートから効率的にネットワーク上のデバイスやサービスの管理できるようになる、10の便利なコマンドを紹介しよう。

必要環境

  • Windows Vista以降がインストールされているPC
  • Windows Server 2008以降がインストールされているサーバ
  • PowerShell 5.0
  • 管理者権限

1.PowerShellセッションの作成

コマンド:Enter-PSSession

例:Enter-PSSession -ComputerName リモートコンピュータ名 -Credential ユーザー名

図A

 PSSessionを作成することで、管理者がリモートからネットワーク上のコンピュータに接続し、そのデバイスで任意の数のPowerShellコマンドを実行できるようになる。セッション中は、そのマシンにローカルからアクセスしている時と同じコンソールアクセスが利用でき、リモートから複数のコマンドを実行できる。

図B
図C

2.コマンドの実行

コマンド:Invoke-Command

例:Invoke-Command -Computer リモートコンピュータ名 -ScriptBlock {PowerShellコマンド}

図D

 1番目のコマンドと同じく、PowerShellでInvoke-Commandを実行すると、リモートからセッションを実行できる。ただし、Invoke-Commandコマンドでリモートから実行できるコマンドは、1度に1つだけだ。このため、複数のコマンドを一度に実行するには、.PS1ファイルにそれらのコマンドを保存して、そのスクリプトを実行する必要がある。

3.コンピュータの再起動

コマンド:Restart-Computer

例:Restart-Computer -ComputerName リモートコンピュータ名 -Force

図E

 インストールや設定を正常に完了するために、コンピュータを再起動しなければならない場合がある。あるいは、コンピュータのリソースを一度まっさらな状態に戻す必要があって、再起動することもあるだろう。このPowerShellコマンドは、対象デバイスが1台であろうが100台であろうが、一度にその作業ができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]