編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

AWS Well-Architectedフレームワークの最初の柱: IAM(アイデンティティ管理とアクセス管理)

バラクーダネットワークスジャパン株式会社

2019-11-20 09:00

バラクーダネットジャパンはコラム「AWS Well-Architectedフレームワークの最初の柱: IAM(アイデンティティ管理とアクセス管理)」を公開しました。
###

トピック: AWS Well-Architectedフレームワークの5本の柱

2019年10月28日、Rich Turner

このブログはAWS Well-Architectedフレームワークの5本の柱に関するシリーズ(7つのブログ)の第2の記事です。シリーズ全体については、Five Pillars for well-architected AWS securityをご参照ください。

IAMはユーザの観点から考えられています。ユーザは、グループに分類でき、ユーザにはロールが関連付けられ、ロールには権限が関連付けられます。

たとえば、1つの企業に複数のグループがあり、そのグループがグループより大きい開発部門に属している場合は、部門が類似していても、ロールとグループの両方にそれぞれ異なる権限が関連付けられます。この関係は必ずしも直線的ではありません。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]