編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

TIS、独ボッシュのソフトウェア専門会社とSAP(R)領域で協業 ~ 世界120拠点以上での豊富なERP導入経験の知見活用で組立製造業へのビジネス拡大などを目指す ~

TIS株式会社

From: DreamNews

2020-08-05 11:00

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下:TIS)は、ドイツを拠点とするグローバル規模で革新的なテクノロジーとサービスを提供するボッシュ・グループのソフトウェア専門会社ロバート・ボッシュ・エンジニアリング・アンド・ビジネスソリューションズ(本社:インドベンガルール、代表取締役社長: Dattatri Salagame、以下:RBEI)と、SAP社のERP関連事業などにおける協業を開始する基本合意書を締結したことを2020年8月3日に発表しました。

RBEIは、1990年に設立された従業員20,000人以上を擁するソフトウェア・テクノロジー企業です。SAP社製品を中心にボッシュ・グループ世界27カ国、計120拠点以上へのシステム導入の豊富な経験があります。

本協業では、TISの国内製造業向けERP導入実績および日本の企業文化・商習慣へのノウハウと、グローバルで多数の実績があるRBEIの組立製造業向けSAP S/4HANA(R)テンプレート(ひな型)「MantHANA(モンタナ)」を組み合わせることで、日本の組立製造業の経営高度化、デジタルトランスフォーメーション(DX)ならびにグローバリゼーションの加速を支援します。

TISは、本協業を通じて日本の組立製造業へのERP事業展開を加速させ、2025年までにSAP S/4HANA(R)および「MantHANA(モンタナ)」を用いた組立製造業の業務改革、デジタルトランスフォーメーション案件の10件以上の獲得を目指します。

◆背景◆
米中貿易摩擦や新型コロナウィルス蔓延による世界経済の減退など、日本の製造業を取り巻く環境は不透明さを増しています。併せて経済産業省が提唱する「2025年の崖※1」に象徴されるデジタル化の波に対して、日本の製造業は迅速な対応を迫られています。

そこでTISは、グローバルでERP製品として高いシェアを誇るSAP S/4HANA(R)の持つ豊富な機能を組立製造業向けに最適化したテンプレートを有するRBEIと協業し、日本の製造業向けビジネスの拡大を目指します。

※1:DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~
< (リンク ») >

◆協業の概要◆






TISとRBEIは、以下の協業を進めます。
・主要マーケットは日本国内に本社を置く産業機械、輸送機器、ハイテク関連の組立型製造業向けのSAP S/4HANA(R)の導入支援
・日本市場におけるTISの長年の経験と、RBEIのテンプレートとグローバル対応力の組み合わせによる案件獲得の拡大
・両社の技術交流・人的交流を通してのMantHANAの日本企業向けカスタマイズ
・Industrie4.0の本場ドイツ、ボッシュ・グループで培われたIoT、スマートファクトリ技術も視野にさらなる付加価値の提案

SAPジャパン株式会社 常務執行役員 チーフ・トランスフォーメーション・オフィサー兼デジタルエコシステム事業担当 大我 猛氏は、次のように述べています。
「SAPジャパン株式会社はTISがRBEIと日本での組立製造業に対するERP関連事業の協業を開始することを歓迎いたします。SAP社のERPソリューションを活用したグループ経営高度化、業務改革の支援を行なってきたTISと、グローバルで最も多くのSAPソリューションを組立製造業へ適用し豊富な知見を持つボッシュ・グループのRBEIの協業スキームを通して、『日本企業のためのERP導入の羅針盤~ニッポンのERPを再定義する~(※2)』でも述べられている「本来あるべきERP導入の姿」が日本の製造業に根付くことを願って止みません。」

※2:日本企業のためのERP導入の羅針盤~ニッポンのERPを再定義する~
< (リンク ») >

RBEIの組立製造業向けSAPテンプレート「MantHANA(モンタナ)」について
MantHANA(モンタナ)はSAP S/4HANA(R)を中心に構成された組立製造業向けテンプレートです。世界中多彩な業務シナリオをSAP S/4HANA(R)で実装した実績を基に、組立製造業の幅広いビジネスモデルを網羅しています。本テンプレートを利用する事で、通常のSAP S/4HANA(R)導入プロジェクトに比べ、プロジェクトリスクを低減しながら導入期間を30%以上短縮できます。

ロバート・ボッシュ・エンジニアリング・アンド・ビジネスソリューションズについて
< (リンク ») >
RBEIは、ロバート・ボッシュGmbHの100%子会社であり、エンジニアリング、IT、そしてビジネスソリューションをワンストップで提供する、世界有数のテクノロジーとサービスのグローバルサプライヤーです。RBEIはボッシュ・グループにおいても、ドイツに続く最大のソフトウェアセンターをインド、ベトナム、メキシコ、ポーランドに有りしており、日本、中国、中東、ドイツ、イギリス、そしてアメリカに営業拠点を構えています。

TIS株式会社について < (リンク ») >
TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。

TISインテックグループについて
TISインテックグループはグループ社員約2万人が一体となって、強みを活かし、国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客様のビジネスを支えるITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして、未来の景色に鮮やかな彩りをつけていきます。

【本件に関するお問合わせ先】
--・報道関係からのお問い合わせ先・--
TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 浄土寺/髙橋
E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

--・本件に関するお問い合わせ先・--
TIS株式会社 サービス事業統括本部 エンタープライズ営業企画ユニット
エンタープライズコンサルティング営業部 池村/西川
E-mail:bsc_sales@ml.tis.co.jp


※ SAP、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。
※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]