編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

NSW、効率的な施設運営とフードロス削減の実現に向け、インテルおよび千葉市動物公園と協業 ~来園状況のデータ分析にエッジコンピューティング、AI/IoTを活用~

日本システムウエア株式会社

From: DreamNews

2020-11-02 11:30

ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、インテル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 国正、以下インテル)と千葉市動物公園と協業し、千葉市動物公園の来園者へのサービス向上と経営効率の改善に向け、NSWのAI技術を活用した実証実験を10月22日から開始したことをお知らせいたします。

近年、千葉市動物公園は「種の保存」「教育・環境教育」「調査研究」「レクリエーション」という4つの社会的役割を将来にわたり果たしていくため、より一層の経営改善を図り、公費の負担額を減らし、持続可能な経営の実現を課題とされています。本取り組みにおいては、エッジコンピューティングやAI・IoT実装を積極的に支援するインテルも参画して異業種間連携を進め、各社のノウハウ・技術を結集し、SDG'sを意識した新たな経営の改善に取り組みます。今後3社は共同で2020年度に実証実験を進めていく予定です。

本実証実験では、当社のIoT向けビッグデータ分析・予測サービス「Toami Analytics」とAIソリューション「Toami Visionシリーズ」、エッジ側でのAI処理を可能にするインテルのCPU並びに開発ツールOpenVINOTMツールキットを活用し、来園状況のデータ収集・分析を行うことで千葉市動物公園の各種施策展開を支援し、さらなる来園者サービスの向上を目指しています。

今後NSWでは、実証実験データの分析により千葉市動物公園の経営改善を支援してまいります。また、得られたノウハウをもとに「Toami Visionシリーズ」の拡張サービスとして、地方自治体での効率的な都市運営や観光客集客のための需要予測システムおよびフードロスの削減を目指す外食産業への需要予測システムの提供を予定しています。

■協業における役割
NSW:AI・IoT技術導入や、データを活用した需要予測システムの提案と実証。
インテル:サステナブルな社会の実現に貢献する新しいビジネス機会の創出、エッジコンピューティング用インテル(R) Core(R) プロセッサー、OpenVINOTMツールキットをはじめとした様々なコア技術を提供し、AI・IoT実装を支援。
千葉市動物公園:動物公園運営における知見の提供、実証実験のための園内施設の提供。

■収集したデータの分析内容と活用について
(1)園内入門ゲート
入門ゲートで収集した画像データから、ご来園者の特徴を示すデータ(特徴量データ)として数値化し、そこから推定するご来園者の年齢や性別等のデータをご来園者の集客増加に向けたマーケティングや集客施策に活用します。

(2)レストラン、展望デッキカフェスタンド
レストランと展望デッキカフェスタンドで収集した画像データから、ご利用者の特徴を示すデータ(特徴量データ)として数値化し、そこから推定するご利用者の年齢や性別等のデータをメニュー開発や新しいお客様の獲得に向けたサービスの提供に活用します。これらの取り組みは、フードロスの削減にもつながります。

(3)駐車場入口
駐車場の入口で収集した車両の画像については、ナンバープレートの数字、文字情報のみを読み取り、テキストデータ化し、そこで収集した来園地域等のデータは適切な人員配置など効率的な施設運営に活用します。

(4)その他
上記(1)~(3)で収集したデータを集約し、その他の要素(気象情報、日にち・曜日、実施イベント情報、レストラン、カフェスタンドで購入されたメニュー等)との相関関係を分析します。

■インテル株式会社からのエンドースメント
インテルは、エッジコンピューティング、AI・IoTを活用した最新のICT技術の導入を積極的に支援し、SDGs、サーキュラーエコノミー(循環型経済)の推進、サステナブルな社会、スマートシティーの実現に向けて取り組んでいます。インテルは本プロジェクトにおいて、最新のインテル(R) Core(R) プロセッサーでのエッジでのAI推論機能強化やOpenVINOTMツールキットとNSWのToami Analytics、Toami Visionシリーズなどを組み合わせて、効率的な都市運営とフードロスの削減を、NSW、千葉市動物公園と共に進めてまいります。
インテル株式会社 代表取締役社長 鈴木 国正


以上


■関連リンク
・NSW IoT向けビッグデータ分析・予測サービス「Toami Analytics」
(リンク »)

・NSW AIソリューション「Toami Visionシリーズ」
(リンク »)

・インテルのエッジコンピューティングについて
(リンク »)

・千葉市動物公園について
(リンク »)

・NSW 個人情報保護方針について
(リンク »)

※本ニュースリリースに掲載している情報は、発表日時点のものです。
※各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。

■NSW(日本システムウエア株式会社)について
1966年創業。製造や流通など業種対応のシステム構築、ITインフラ設計・運用、自社データセンターを基盤としたクラウドサービスなどをワンストップで提供します。また、車載や通信・設備分野における組込みシステム開発とLSIやボードの設計開発も手掛けています。これらの実績を生かしたIoT・AI分野に注力し、IoTプラットフォーム「Toami」を軸とした各ソリューションやサービス提供により、お客様のDX・デジタル変革実現を先導する企業を目指します。詳細は (リンク ») をご覧ください。

■サービス内容に関するお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
サービスソリューション事業本部
営業統括部 第一営業部:小田切
TEL:03-3770-0096
E-mail:ml-iot@gw.nsw.co.jp

■報道関係者からのお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
コーポレート本部
企画室広報担当:染葉(ソメハ)、金子
TEL:03-3770-4014
E-mail:kouhou@gw.nsw.co.jp









本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]