編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

サーバーワークスとインサイトテクノロジーが協業し、金融機関に特化したデータベースのクラウド化支援・運用に関する6サービスを提供開始

株式会社サーバーワークス

2021-04-15 11:30

アマゾン ウェブ サービス(AWS)のAWSパートナーネットワーク(APN)※プレミアコンサルティングパートナーである株式会社サーバーワークス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大石 良、以下:サーバーワークス)とデータベース専門企業である株式会社インサイトテクノロジー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO:森田 俊哉、以下:インサイトテクノロジー)は、2021年4月15日よりデータベースのクラウド化支援領域での協業を開始します。本協業に合わせて、サーバーワークスが10,100以上のプロジェクトで培ってきた、AWSへの移行に関するノウハウと、インサイトテクノロジーのデータベース専門企業としての高い技術力を組み合わせて、金融機関のお客様に特化した6サービスの提供を開始します。
■協業の背景と目的

長期化するコロナ禍に対応するため、在宅勤務などのテレワーク向けITツールを早急に導入する動きや、リモートでサーバーを柔軟に管理したいというニーズがより一層高まっています。一方で、経済の先行きに不透明感が漂う現状では、大規模なシステム投資を避けたいという企業の声があることも事実です。

特に、業務システム等の根幹となるデータベースのクラウド移行に関しては、常に高いパフォーマンスが求められる一方で、導入・保守コストの高さや技術者のスキル不足、管理の煩雑さなど多くの課題を抱えています。とりわけ、金融機関においては一層のセキュリティ投資が必要とされながらも、求められる技術は日進月歩であり、クラウド化を検討する上で大きな課題となっています。

こういった課題に対し、国内トップレベルのAWSノウハウと10,100以上のプロジェクト実績を持つサーバーワークスのクラウドインフラ構築の技術力と、25年以上にわたるデータベース専門企業であり、データベース監査市場で国内トップシェアを誇るデータベース運用管理の製品を持つインサイトテクノロジーの高い技術力を組み合わせ、金融機関の課題解決に向けた新サービスを開発いたしました。

新サービスの内容は、「AWSへのデータベース移行サービス」、「データマスキングソリューション提供サービス」、「データ暗号化ソリューション提供サービス」、「データベース選定/設計サービス」、「クラウドデータベースコスト削減コンサルティングサービス」、「データベース監査ソリューション提供サービス」の6サービスを提供いたします。

既にサーバーワークスでは金融機関のクラウド化のニーズに応える「金融クラウド導入コンサルティングサービス」を提供しておりましたが、今回のサービス提供により、従来以上に多くの金融機関の皆様に最適なクラウドデータベースソリューションを提供できると考えております。

■提供サービス

1. 「AWSへのデータベース移行サービス」
AWSへのデータベース移行及び、異種データベース移行のアセスメント、移行計画策定から本番移行までの作業を行います。

2. 「データマスキングソリューション提供サービス」
豊富なマスキングアルゴリズムで高速に個人情報の匿名化や、機密情報の秘匿化を行う「Insight Data Masking」を始めたとしたソフトウェアや組み込み機能を使用し、データの安全性/秘匿性の向上を実現します。

3. 「データ暗号化ソリューション提供サービス」
AWS環境でのデータベース使用時に問題となるデータの安全性担保のために必要となる暗号化の方式決定、実装まで行います。

4. 「データベース選定/設計サービス」
データベースエキスパートによるお客様の用途・ワークロードに適したデータベースの選定・設計を行います。

5. 「クラウドデータベースコスト削減コンサルティングサービス」
オンプレからクラウド化することによるコスト削減効果及び、DBソリューション最適化によるコスト削減効果の検証・提案を行います。(すでにクラウドでDBを利用している企業にも、コスト削減の検証・提案をいたします。)

6. 「データベース監査ソリューション提供サービス」
SOX法など情報保護の法規制へ対応するために必要な、情報漏洩を防ぐための様々なデータベース製品に対応したデータベース監視ツール「PISO」を始めとしたソフトウェアや組み込み機能を使用し、課題解決をします。

■今後の展開

今後サーバーワークスとインサイトテクノロジーは、共同プロモーションや事例の公開、無料セミナーを開催することで、企業のクラウド移行支援を加速するとともに、「データ分析基盤構築」「AWSデータベースセキュリティ」「データ変化点検知」などの分野で連携を強化し、さらに付加価値の高いサービスを提供いたします。

詳細については以下をご覧ください。
(リンク »)

用語解説

■株式会社サーバーワークスについて

サーバーワークスは、「クラウドで、世界を、もっと、はたらきやすく」をビジョンに掲げ、2008年よりクラウドの導入から最適化までを支援しているAWS専業のクラウドインテグレーターです。

2021年3月末日現在、890社、10,100プロジェクトを超えるAWS導入実績を誇っており、2014年11月よりAPN最上位の「APNプレミアコンサルティングパートナー」に継続して認定されています。

移行や運用、デジタルワークプレース、コンタクトセンターなど多岐にわたって認定を取得し、AWS事業を継続的に拡大させております。

取得認定、実績についての詳細はこちらをご覧ください:

(リンク »)



※APNは、AWSのエコシステムを支えるシステムインテグレーター(SI)、戦略的コンサルティングファーム、ソリューションプロバイダ、マネージドサービスプロバイダ、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、SaaSベンダー、PaaSベンダー、開発者用ツールベンダー、管理/セキュリティベンダーなどによって構成されております。


*本リリースに記載された会社名、サービス名等は該当する各社の登録商標です。

*Amazon、アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、およびAWSは、米国および/またはその他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

*本リリースの情報は発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]