編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

エフセキュア、MITRE Engenuityによる第3回ATT&CK テストで高い評価を獲得

~ サイバー攻撃集団が実際に使用する攻撃戦術/手法に対する優れた可視性を実証 ~

エフセキュア株式会社

2021-04-22 10:00

エフセキュアは、米国の研究/評価機関であるMITRE Engenuity (以下、MITRE) による ATT&CK®評価テストの第3ラウンドにおいて高い評価を受けたことを発表しました。年1回実施されているこのテストは、現実世界の戦術/手法に沿ってサイバーセキュリティサービスプロバイダ各社のソリューションを評価するものです。今回のテストで使用されたのは、過去5年間に数百の企業から10億ドル以上を窃取したCarbanak (バックドアの一種) やFIN7として知られるサイバー攻撃集団の戦術/手法であり、これらの脅威に対する防御において、エフセキュアが提供する高い可視能力の優位性が実証されました。
先進的サイバー・セキュリティ・テクノロジーのプロバイダであるF-Secure (本社: フィンランド・ヘルシンキ、CEO: Juhani Hintikka、日本法人: 東京都港区、以下、エフセキュア) は、米国の研究/評価機関であるMITRE Engenuity (以下、MITRE) による ATT&CK®評価テストの第3ラウンドにおいて高い評価を受けたことを発表しました。年1回実施されているこのテストは、現実世界の戦術/手法に沿ってサイバーセキュリティサービスプロバイダ各社のソリューションを評価するものです。今回のテストで使用されたのは、過去5年間に数百の企業から10億ドル以上を窃取したCarbanak (バックドアの一種) やFIN7として知られるサイバー攻撃集団の戦術/手法であり、これらの脅威に対する防御において、エフセキュアが提供する高い可視能力の優位性が実証されました。

MITREは毎年、政府機関や企業がセキュリティ上の脅威に対抗するためのより良い意思決定を行い、産業界の脅威検出能力を向上させるために、サイバーセキュリティ製品の独立した評価を行っています。過去数ヶ月間に29社のセキュリティベンダーがCarbanakとFIN7の評価に参加しています。

ATT&CK 評価チームが 今回Carbanak と FIN7 の戦術/手法をエミュレートすることにしたのは、過去のテストにおいてエミュレートされた攻撃グループがスパイ活動に重点を置いていたのに対し、Carbanak と FIN7 は金銭的な利益を得るために幅広い業界をターゲットとしていたからです。ATT&CK 評価チームは、多様な脅威に対処するための防御ソリューションがどのように進化しているかを最もよく把握するために、過去にテストされた技術と未テストの技術やバリエーションとのバランスを常に考慮しています。

エフセキュアでプロダクト マネージャを務める Michael Greaves (マイケル・グリーヴス) は、今回のMITREテストでの評価について、次のように述べています。
「大きな被害もたらすサイバー犯罪集団からの攻撃を可視化するうえで、MITREが実施する ATT&CKテストの評価はエフセキュアが提供する優れたパフォーマンスを企業に知ってもらうための素晴らしい方法だと言えます。攻撃の全ての段階を可視化することで、防御側は侵入を検知し、進行中の侵入を阻止できる機会を増やすことができます。当社がATT&CKテストに参加したのはこれで3回目ですが、これらのテストで、当社の製品がインシデントに効果的に対応するために必要な攻撃チェーンの様々な要素に関する情報を提供していることがこれまでと同様に証明されたことを嬉しく思います。」

MITREでATT&CKテストの評価を担当するFrank Duff (フランク・ダフ) 氏は、エフセキュアの今回の結果について次のように語っています。
「MITREのテストは、透明性の高い評価プロセスを通じて、セキュリティ コミュニティがより多くの情報に基づいた意思決定を行うことを可能にするものです。MITRE ATT&CKフレームワークをベンチマークとし、一般に公開されている結果を使用して、ユーザーはエフセキュアが Carbanak と FIN7のエミュレートされた攻撃者の行動をどのように検出したかを調べることができます。これらの総合評価が、サイバー空間が人々にとってより安全なサイバー空間を作り出すことにつながるのです。」

エフセキュアのポートフォリオには、あらゆる規模の企業/団体向けの『検知と対応』ソリューションが含まれています。 エフセキュアの製品とサービスの詳細については、エフセキュアのWebサイトをご覧ください。
(リンク »)
ATT&CKテストにおけるエフセキュアの詳細な評価結果はこちらからご覧いただけます。(英語)
(リンク »)

CarbanakとFIN7をエミュレートしたATT&CKテストの詳細については、MITRE Engenuityのページをご覧ください。
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

用語解説

エフセキュアについて

エフセキュアほど現実世界のサイバー脅威についての知見を持つ企業は市場に存在しません。数百名にのぼる業界で最も優れたセキュリティコンサルタント、何百万台ものデバイスに搭載された数多くの受賞歴を誇るソフトウェア、進化し続ける革新的なセキュリティ対策に関するAIテクノロジー、そして「検知と対応」。これらの橋渡しをするのがエフセキュアです。当社は、大手銀行機関、航空会社、そして世界中の多くのエンタープライズから、「世界で最も強力な脅威に打ち勝つ」という私たちのコミットメントに対する信頼を勝ち取っています。グローバルなトップクラスのチャネルパートナー、200社以上のサービスプロバイダーにより構成されるネットワークと共にエンタープライズクラスのサイバーセキュリティを提供すること、それがエフセキュアの使命です。
エフセキュアは本社をフィンランド・ヘルシンキに、日本法人であるエフセキュア株式会社を東京都港区に置いています。また、NASDAQ ヘルシンキに上場しています。詳細は (リンク ») (英語) および (リンク ») (日本語) をご覧ください。また、Twitter @FSECUREBLOG でも情報の配信をおこなっています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]