編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

PTCとNSW、建設業界のデジタルツイン構築と新しいビジネスモデルの支援に向けて協業 ~ARやPLMを繋げた建設業界向けIoTプラットフォームで、建設業務連携と生産性の向上を実現~

日本システムウエア株式会社

From: DreamNews

2021-06-28 11:30

PTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:桑原 宏昭、以下PTC)とNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、建設業界に適したデジタルエンジニアリングの選定および、管理システムやオペレーションの高度化を図り、企業に特化したIoTプラットフォームの提供とそれを基盤とした新しいビジネスモデル構築の支援に向けて協業することを本日発表いたします。

建設業界では、就業者の高齢化、高度な技術を備えた技能就労者の減少などによる深刻な労働力不足が課題となっています。国土交通省が推進するi-Construction はこのような課題に対応するために、あらゆる建設プロセスの生産性と効率化の向上を可能にするデジタルやICTの積極的な導入を推進しています。今回の協業で、PTCとNSWはARやPLM(製品ライフサイクル管理)をつないだIoTプラットフォームを用いて企画、設計、施工、管理や保守などの業務を連携させ、それぞれの領域のデータの管理や可視化、分析などを行うデジタルツインの環境を整備し、i-Constructionの仕組みを支えていきます。

今回の協業では、PTC社製IoTプラットフォーム「ThingWorx」、AR開発プラットフォーム「Vuforia」、PLMの「Windchill」を活用し、NSWと連携してデジタルツイン環境を構築します。具体的には、ThingWorxで建物の維持管理、作業員の健康管理や業務管理、竣工状態の分析や将来の予測などを可視化し、Vuforiaをつなげて建設業務の設計や現場での測量、設計3Dデータの整合などを行います。またWindchillで概算費用の記録や調達計画と原価企画の管理、施工計画/工程までを含む分散されたさまざまなデータの容易な一元管理を可能にします。

デジタル構築を強みとするNSWは、建設業界向けソリューションとしてThingWorx を活用した IoT、スマートグラス、BIM (Building Information Modeling) 関連製品などに加え、AIを活用した画像解析など、幅広いサービスを提供しています。音声認識による100%ハンズフリーを実現するRealWear社製産業用スマートグラス「HMT-1」やBIMとIoTを融合したソリューションなどの提供により、業務のデジタル化を推進し人手不足や技術継承などの課題解決をサポートしています。これらのノウハウをベースに建設業界に特化したソリューションを開発し、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に取り組みます。

今後、PTCとNSWは、デジタルツインの環境を提供するとともに、建設業界で注目されている施設や建物の維持、保守業務など、継続した収益を見込む新しいビジネスモデルの構築を支援します。ユーザーとなる建設会社は、業務プロセスを包括的にとらえ一気通貫したデータを管理することで、生産性と効率性を向上させ、従来の建設事業から保守サービス型ビジネスモデルへの迅速な拡充が可能になります。

PTCジャパンについて
米 PTC の日本法人(本社:東京都新宿区)。CAD、製品ライフサイクル管理 (PLM)、IoT アプリケーション開発プラットフォーム、拡張現実 (AR) オーサリングソリューションの各テクノロジー ソリューションにより、製造業における顧客企業を支援。拡張性と相互運用性に優れた製品設計ソフトウェア群の Creo、製品とサービスのライフサイクル全体にわたる製品コンテンツと業務プロセス一元管理の Windchill、工学技術計算の設計と文書化を同時に行える Mathcad、IoT アプリケーション開発プラットフォームの ThingWorx、拡張現実 (AR) オーサリングソリューションの Vuforia、産業用接続プラットフォームの Kepware といった革新的なソフトウェア製品と、製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービス、テクニカルサポートを提供しています。1992 年 3 月設立。国内 4 事業拠点。Web サイト: (リンク »)

NSW(日本システムウエア株式会社)について
1966年創業。製造や流通など業種対応のシステム構築、ITインフラ設計・運用、自社データセンターを基盤としたクラウドサービスなどをワンストップで提供します。また、車載や通信・設備分野における組込みシステム開発とLSIやボードの設計開発も手掛けています。これらの実績を生かしたIoT・AI分野に注力し、IoTプラットフォーム「Toami」を軸とした各ソリューションやサービス提供により、お客様のDX・デジタル変革実現を先導する企業を目指します。詳細は (リンク ») をご覧ください。

記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

報道関係者からのお問い合わせ先
PTC ジャパン株式会社
広報室
中村 由美子
TEL: 070-4374-7309
E-mail: ynakamura@ptc.com

NSW(日本システムウエア株式会社)
コーポレート本部
企画室広報担当:染葉(ソメハ)、金子
TEL:03-3770-4014
E-mail:kouhou@gw.nsw.co.jp



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]