アドビ、ディズニーと協力し、デジタルリテラシーを向上する「Adobe Analytics Student Challenge」を開催

アドビ株式会社

From: PR TIMES

2021-11-16 11:00

【2021年11月16日】
Adobe(Nasdaq:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は本日、ウォルト・ディズニー・カンパニーと協力して開催した「Adobe Analytics Challenge 2021」のファイナリストを発表しました。学生たちは、フォーチュン500社で採用されているアドビの分析ソリューション「Adobe Analytics( (リンク ») )」を用いてウォルト・ディズニー・カンパニー社のEコマース戦略を掘り下げ、レコメンデーションを推進する実用的なインサイトを身につけます。



[画像: (リンク ») ]


「Adobe Analytics Student Challenge」は、大学生が賞金を獲得すると同時に、今日の職場で必要とされるスキルを身につけることができる唯一のグローバルコンペティションです。これまでに、データサイエンス、プロダクトマネジメント、コンサルティング、マーケティングなどの分野で活躍する人材を創出してきました。世界中の大学から集まったチームは、数週間かけてブランドパートナーから提供された実際のデータを分析し、そのブランドが抱える緊急のビジネス課題の解決に貢献することが求められます。

ディズニーは、アミューズメントパークや映画スタジオ、消費者向けストリーミングサービスやマーチャンダイズなど、あらゆる分野を網羅する広大なポートフォリオを持っています。長年にわたり、お客様がオンラインでリサーチをしたり、インスピレーションを得たり、取引をしたりすることで、同社のデジタルオーディエンスは大幅に増加しました。今年のチャレンジの中心テーマは、お客様の意図をより正確に把握して、オンラインでのロイヤルティを高めることです。

学生は、ディズニーがオンラインで魔法のような体験を提供する際に役立つアイデアを提示する必要があります。例えば、オンラインでのリピートや複数購入を促進する方法を提案したり、再訪につながる行動兆候を特定したりします。また、オンラインショッピングカートの詳細な分析を行い、平均購入金額を増やす方法を検討します。今年は、カート放棄についても検討し、顧客が放棄したEコマースバスケットを回収する方法を探ります。最後に、モバイルとデスクトップのチャネルにおけるカスタマージャーニーを分析し、ディズニーがこれらのプロパティにアプローチする新しい方法を発見することが求められます。

ディズニーのデジタル&トラベルオペレーション分析担当バイスプレジデントのマイケル デクック(Michael DeCook)氏は次のように述べています。「ディズニーはストーリーテリングをサポートするためにあらゆる種類のテクノロジーを活用するグローバルブランドとして、この分野のキャリアパスに関心のある世界中の大学生に教育の機会を提供する支援ができることを嬉しく思っています。Adobe Analytics Challengeは、実世界のデジタルデータ分析を経験する機会を提供し、このダイナミックな分野での素晴らしい未来への道を開くのに役立ちます。」

アドビは本日、最終選考に残ったチームを発表しました。22カ国、700以上の機関から8,300人以上の学生の応募があり、記録的な応募数となりましたが、6チームが最終選考に残りました。その中には、Willamette University、Yale School of Management、 Indian Institute of Technology Kharagpur、University of California(Davis)、Brigham Young University Université d’Angersが含まれています。優勝したチームは、昨年のトップチームで、ブランドパートナー( (リンク ») )であるNikeと協業した、Indian Institute of Technology(Indian School of Mines)に続くことになります。

最終選考に残ったチームは、The Home DepotやBoston Consulting Groupなどに入社したAdobe Analytics Challengeのアルムナイネットワーク( (リンク ») )に加わります。16年の歴史を持つこのコンテストの成功は、高等教育機関の指導者たちの関心を呼び、彼らは教室でもAdobe Analytics Challengeを再現したいと考えました。これを受けてアドビは、今年、高等教育機関向けのAdobe Analyticsカリキュラムを発表( (リンク ») )しました。このグローバルプログラムでは、年間を通じてAdobe Analyticsへの無償アクセスに加え、コースカリキュラムやハンズオンアクティビティを提供しています。学生は教室で実際のデータを扱い、ビジネス上の意思決定に必要な分析を行うことができます。開始以来、何百もの機関が登録しています。

Adobe Experience Cloudのエグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるアニール チャクラヴァーシー(Anil Chakravarthy)は次のように述べています。
「学生は、パンデミックによって日常生活の多くがオンライン化されたこの18ヶ月間で、根本的に変化した今日の雇用市場に参入しています。今や全ての組織においてテクノロジーが戦略の中心となり、次世代の人々がデジタル経済で成功を収めるためには、デジタルリテラシーが不可欠となっています。」

※当資料は、2021年11月4日に米国本社から発表されたメディアアラート( (リンク ») )の抄訳です。

■Adobe Experience Cloudについて
アドビは、Adobe Experience Cloud( (リンク ») )で顧客体験管理(CXM)を再定義します。Adobe Experience Cloudは、エクスペリエンスのためのデジタルコンテンツの制作からマーケティング、広告、アナリティクス、コマースを含む業界唯一の包括的なソリューションです。Adobe Experience Cloudは、すべてのタッチポイントやあらゆるチャネルを通し、魅力的なB2C/B2B/B2Eエクスペリエンスを一貫性と継続性をもって提供することを支援し、ブランドが統一された安全でスケーラブルなデジタル基盤を構築できるようにします。Adobe Experience Cloudの一部であるAdobe Experience Platformは、CXMのための初のリアルタイムプラットフォームです。オープンで拡張性のあるAdobe Experience Platformは、企業全体のデータをつなぎ合わせ、リアルタイムの顧客プロファイルを可能にし、Adobe Experience Cloudソリューション全体で有効化することができます。

■「アドビ」について
アドビは、「世界を変えるデジタル体験を」をミッションとして、3つのクラウドソリューションで、優れた顧客体験を提供できるよう企業・個人のお客様を支援しています。Creative Cloud( (リンク ») )は、写真、デザイン、ビデオ、web、UXなどのための20以上の デスクトップアプリやモバイルアプリ、サービスを提供しています。Document Cloud( (リンク ») )では、デジタル文書の作成、編集、共有、スキャン、署名が簡単にでき、デバイスに関わらず文書のやり取りと共同作業が安全に行えます。Experience Cloud( (リンク ») )は、コンテンツ管理、パーソナライゼーション、データ分析、コマースに対し、顧客ロイヤルティおよび企業の長期的な成功を推進する優れた顧客体験の提供を支援しています。これら製品、サービスの多くで、アドビの人工知能(AI)と機械学習のプラットフォームであるAdobe Sensei( (リンク ») )を活用しています。

アドビ株式会社は米Adobe Inc.の日本法人です。日本市場においては、人々の創造性を解放するデジタルトランスフォーメーションを推進するため、「心、おどる、デジタル」というビジョンのもと、心にひびく、社会がつながる、幸せなデジタル社会の実現を目指します。

アドビに関する詳細な情報は、webサイト( (リンク ») )をご覧ください。

(C) 2021 Adobe Inc. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]