NSW、産業用スマートグラスRealWearの新製品を提供開始 ~スリムで軽量なウェアラブル端末により、生産性向上を実現~

日本システムウエア株式会社

From: DreamNews

2021-12-14 11:30

ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、RealWear, Inc.(本社:米国ワシントン州バンクーバー、CEO Andrew Chrostowski)のアシステッドリアリティ(現実補助)を活用した次世代ウェアラブルRealWear Navigator(tm)500の提供を本日より開始します。

RealWearは、音声認識による100%ハンズフリーを実現する産業用スマートグラスで、欧米で高いシェアを占めています。NSWは2019年8月より、プラチナパートナーとしてHMT-1およびHMT-1Z1の取り扱いを開始し、現場作業の業務効率化を促進してきました。このたび提供を開始するRealWear Navigator(tm)500は、耐久性を維持しながらスリム化と軽量化を実現することで、現場作業者の安全性と快適性をサポートし生産性向上に寄与します。また、Androidベースのハードウェアとしてモジュール化したことにより、長期的な利用が可能です。

■主な特長
・革新的なモジュラー式プラットフォーム(特許取得済み)により、カメラ、モデム、バッテリーなど特定モジュールの交換が可能
・ホットスワップ可能なバッテリーにより、24時間連続する業務にも対応可能
・48MPセンサーを備えた高感度カメラシステムにより、暗い場所での高品質な撮影を可能とし、フルHD(1080p)品質を維持しながら、4倍以上の拡張ズーム、高度なオートフォーカス、強力な映像安定化機能を完備
・より鮮明で、稼働域が広く、調整が容易なディスプレイ
・HMT-1の防塵防水機能IP66の耐久性を維持しながら、約100gの軽量化を実現
・指紋認証機能の搭載により、デバイスへの容易なサインインが可能
・最大100デシベル(dBA)の環境で信頼性の高い音声認識が可能なノイズキャンセリング

■RealWear Navigator(tm)500



■RealWearに搭載可能なアプリケーションの活用例
・作業現場で対象機器のデータをリアルタイムで見ながら、修理やメンテナンス作業を実行可能
・デジタルワークフロー化により組立作業や検査項目の手順ミスや抜けを防止。撮影した写真による作業報告が可能
・現場の映像や音声をリモートサイトにいる熟練者へ共有。リアルタイムで的確な指示に対応

今後、NSWはRealWear Navigator(tm)500およびHMT-1、HMT-1Z1の販売のほか、IoTプラットフォームToamiやAI、RPAなど各種システムと連携し、お客様のニーズに合わせたアプリケーションの開発を行い、安全で快適な作業の効率化と業務変革を支援してまいります。

■RealWear, Inc.からのエンドースメント
私たちは、NSWとのビジネス・パートナーシップで多くの実績を作ってきており、この新製品発表により日本での顧客基盤をさらに拡大できると確信しています。RealWear Navigator(tm)500により、作業員のフルシフトに対応したアシスト・リアリティ・ソリューションの提供が可能になります。NSWは、世界中のRealWearパートナーが提供する複数のリモート・アシスタント・ソフトウェアやワークフロー・ソフトウェアを統合することができ、これらの最適化されたアプリは、私たちがお客様と共にプロジェクトを成功するための重要な要素であります。引き続き、NSWと連携を強化し、日本の最前線で働く人々に安全生、生産性、合理性を提供してまいります。
RealWear, Inc.
アジアパシフィック担当副社長 John Higgs

以上

■関連リンク
・産業用スマートグラスRealWear
(リンク »)
・IoTプラットフォームToami
(リンク »)

※本ニュースリリースに掲載している情報は、発表日時点のものです。
※各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。

■NSW(日本システムウエア株式会社)について
1966年創業。製造や流通など業種対応のシステム構築、ITインフラ設計・運用、自社データセンターを基盤としたクラウドサービスなどをワンストップで提供します。また、車載や通信・設備分野における組込みシステム開発とLSIやボードの設計開発も手掛けています。これらの実績を生かしたIoT・AI分野に注力し、IoTプラットフォーム「Toami」を軸とした各ソリューションやサービス提供により、お客様のDX・デジタル変革実現を先導する企業を目指します。詳細は (リンク ») をご覧ください。

■サービス内容に関するお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
サービスソリューション事業本部
営業統括部 第一営業部:高橋
TEL:03-3770-0096
E-mail:ml-rw-sales@gw.nsw.co.jp

■報道関係者からのお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
コーポレート本部
企画室広報担当:染葉(ソメハ)、金子
TEL:03-3770-4014
E-mail:kouhou@gw.nsw.co.jp






本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]