武蔵野美術大学との産学連携インターンシップの成果を公開

大日本印刷株式会社

From: PR TIMES

2022-02-04 12:48

DNPコンテンツインタラクティブシステム「みどころキューブ」を使った新しい価値の提案

大日本印刷株式会社(DNP)は、武蔵野美術大学(MAU)と2021年10~11月に実施した産学連携インターンシップの成果をMUJIcom武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパス店舗内に展示しています。インターンシップでは、DNPが開発したコンテンツインタラクティブシステム「みどころキューブ」*1について、ビジネス視点によるさまざまな活用方法を検討しました。今回、その成果発表として、無印良品のアロマに関する商品やカレーをテーマにした「みどころキューブ」を展示します。来場者に「新しいお買い物体験」をしていただき、“生活者のための新しい商品選択ツールの可能性”を検証します。



[画像1: (リンク ») ]

【開催概要】
〇日程 : 2022年1月26日(水)~2月27日(日) 10:00~20:00
〇場所 : MUJIcom武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパス
(東京都新宿区市谷田町1-4 武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパス1F)

【DNPコンテンツインタラクティブシステム「みどころキューブ」の特長と展示概要】
「みどころキューブ」は、文化財・芸術作品等について、立方体(キューブ)状のインタフェースを用い、テーマや関係性等の多様な視点から紹介する鑑賞システムです。今回のインターンシップでは、企業の商品を対象とすることで「みどころキューブ」の活用の幅を広げています。主な特長は以下の通りです。


関係性を直感的に把握できる : 独自のキューブ状の表現で立体的に商品を配置し、各商品の複雑な関係などを視覚的に分かりやすく表現し、生活者と商品の偶然の出会いにもつなげていきます。
さまざまなテーマから理解できる : 商品群を複数のテーマ・切り口で解説できます。生活者は自分の興味があるテーマを探しながら、各商品群に対して興味の幅を広げることができます。
インタラクティブな操作 : キューブの外側から全体を見渡したり、キューブの内側に入り込んで複数の商品の間を辿ったり、仮想的な空間の中で視点をインタラクティブに切り変えながら、さまざまな情報をストレスなく見ることができます。


[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

【今後の展開】
DNPは、美術作品や歴史的資料などの文化財に限らず、「みどころキューブ」を書籍や各種商品等に展開していきます。生活者が多様な情報にアクセスできるようにすることで、興味を広げていくきっかけとなるよう、さまざまなサービスを展開していく予定です。

*1 「みどころキューブ」についてはこちら → (リンク »)
「みどころ」シリーズについてはこちら → (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]