編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

アルペン、約400店舗の作業指示・連絡からシフト計画・実行まで一気通貫の革新的な多店舗オペレーションを実現~Shopらん(R)とR-Shiftの自動連携を利用開始~

株式会社ドリーム・アーツ

From: PR TIMES

2022-07-19 13:18

 「デジタルの民主化(※1)」のリーディングカンパニー 株式会社ドリーム・アーツ(東京本社:東京都渋谷区、広島本社:広島県広島市、代表取締役社長:山本 孝昭、以下 ドリーム・アーツ)とオーエムネットワーク株式会社(本社:新潟市中央区、代表者:大野 勝、以下 オーエムネットワーク)は、このたび株式会社アルペン(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:水野 敦之、以下 アルペン)がドリーム・アーツの提供する多店舗オペレーション改革を支援するクラウドサービス「Shopらん(R)(ショップラン)」とオーエムネットワークの提供するシフト管理システム「R-Shift(アールシフト)」の自動連携を2022年1月より利用開始し、3月より全店での本格利用を開始したことを発表します。 8月には本連携について詳しく紹介するセミナーを開催予定です。



[画像1: (リンク ») ]


※1 現場部門(非IT部門)が自らデジタルを活用し、全社のデジタル化を加速させること
(リンク »)

■DXに積極的なアルペン、指示・計画の効率化を目的にシステム導入
 スポーツ用品販売日本最大手のアルペンは、総合スポーツショップ、アウトドア専門店、ゴルフ専門店など約400店舗を全国展開しています。 「スポーツをもっと身近に」をパーパスに掲げ、2022年7月に創業50周年を迎えました。 近年では、新しい生活様式や消費行動にいち早く対応すべく、ECサイトや物流をはじめとするデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に力を注いでいます。
 アルペンでは、2016年に多店舗オペレーション改革を支援するクラウドサービスShopらん(R)を全店舗に導入。 本部-店舗間における業務連絡・作業指示などのコミュニケーションに Shopらん(R)を活用し、タスク整理・リマインドの自動化や作業進捗の可視化によって、店舗の実行力の向上や業務負担軽減を実現してきました。
 また、2021年にはシフト管理システムR-Shiftを一部店舗に導入し、2022年より本格利用を開始。 レイバースケジューリング(※2)理論をもとにした自動スケジューリングにより、店舗がShopらん(R)で受け取った作業や店舗独自に発生した作業に対する仕事の割り当てを自動でおこなうことで、店舗運営における人時生産性の向上に努めています。
※2 レイバースケジューリング:「従業員の週間勤務計画」のこと。週間で立てた計画をもとに
作業種類ごとの総人数に換算し、各工程で必要とされる能力を持つ人員を割り当てるよう計画する。

 一方、本部から店舗への業務連絡・作業指示はShopらん(R)、シフト計画・作業計画はR-Shift と、それぞれが独立して存在しているためShopらん(R)とR-Shiftで扱われる「作業」の情報は手作業での転記が必要な状況でした。

■Shopらん(R)×R-Shiftの連携で「作業」に関わる業務プロセスを自動化
 アルペンでは、Shopらん(R)とR-Shiftを自動連携させることで、これまでおこなっていた転記作業を不要とし、指示から計画・実行までを一気通貫でつなぐことに成功しました。 世の中に多数存在する一般的なコミュニケーションツールや、シフト管理ツールでは実現できなかった革新的な多店舗オペレーションを、多店舗企業の支援に特化したShopらん(R)とR-Shiftを連携させることで実現しました。
 今回の取り組みにより、店舗での適切な人員配置を可能にし、アルペンにおける多店舗運営の生産性がこれまで以上に向上することを期待しています。

Shopらん(R)×R-Shift連携で実現するオペレーションは下記のとおりです。


Shopらん(R)上で本部が作業指示を登録することで、店舗タスクの明確化
Shopらん(R)上の店舗タスクのうち「未完了」のものをR-Shift に自動登録
R-ShiftではShopらん(R)から連携された店舗タスクと、店舗独自で登録した作業をあわせてシフトを自動計画



[画像2: (リンク ») ]



■Shopらん(R)×R-Shift連携を詳しく紹介するセミナーを開催
 両サービスの内容と、連携時のメリットや利用イメージをより知っていただくために、ドリーム・アーツとオーエムネットワークによるオンラインセミナーを開催します。


[表: (リンク ») ]



 ドリーム・アーツとオーエムネットワークは、今後も多くのお客さまの多店舗運営をご支援してまいります。

[画像3: (リンク ») ]

Shopらん(R)(ショップラン)について  (リンク »)
Shopらん(R)は、多店舗企業の本部・店舗間コミュニケーションに特化したクラウドサービスです。本サービスはイトーヨーカ堂やエディオン、すかいらーくなど幅広い業種・規模で採用され、導入店舗数約45,000店/利用人数約53万人(海外含む)と数多くのお客さまにご利用いただいています。 Shopらん(R)は、サービス基盤としてマイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用し、利用規模の変化やコンテンツの増加にも柔軟に対応できる環境を実現しています。

[画像4: (リンク ») ]



R-Shiftについて  (リンク »)
R-Shift(アールシフト)は、オーエムネットワークが提供する小売・サービス業向けのシフト管理システムです。 全国展開しているスーパーマーケット、生活雑貨店、レンタルビデオ店、衣料品店、ホームセンター、映画館、空港、コールセンターなど幅広い業種の企業様に選ばれ、全国1万店舗、40万人以上のユーザー様にご利用いただいています。
AI機能を活用した高精度なシフト自動作成、レイバースケジューリング理論に則り作業割当を自動化するワークスケジュール機能、800を超える標準機能や個別カスタマイズで、企業特性に合ったシフト管理を提供し、業務改善・生産性向上を実現します。

株式会社ドリーム・アーツについて  (リンク »)
1996 年 12 月に設立されたドリーム・アーツは「協創する喜びにあふれる人と組織と社会の発展に貢献する」 をコーポレート・ミッションに、「情報共有」と「対話」を重視した独創的かつ高品質なソリューションとサービスを提供します。 「協創力を究めよ」のスローガンのもと、ICT だけでも人間だけでもできないビジネス上の難題の解決を ICT と「協創」でお手伝いしています。 多店舗オペレーション改革を支援するShopらん(R)、大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB(R)(スマートデービー)」、大企業の働き方を変えるビジネスコックピット「InsuiteX(R)(インスイートエックス)」などのクラウドサービスを開発・提供しています。

オーエムネットワーク株式会社について  (リンク »)
2002年6月に設立されたオーエムネットワークは、日本経済の重要な担い手である小売・サービス業が直面している各種課題に関するソリューションを、クラウドパッケージにて提供しています。2016年に発表したシフト管理システム/R-Shift(アールシフト)は、小売・サービス業のお客様のご支持をいただき、多くのお客様にご採用いただいています。代表 大野勝著書『最強のシステム』と『SYSTEM&METHOD』は、シフト管理の概念を説いた入門書となっています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]