編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

ウルシステムズ、TigerGraph株式会社のソリューションパートナーに認定

国内市場におけるグラフアルゴリズム活用を強力に推進

ウルシステムズ株式会社

2022-08-08 14:00

ウルシステムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:横山芳成、以下、ウルシステムズ)はこのほどTigerGraph株式会社(本社:東京都港区、ゼネラルマネジャー:齊藤英輔)のソリューションパートナーに認定されました。米国TigerGraph社の日本法人として本日設立されたTigerGraph株式会社とともに国内市場におけるグラフテクノロジーを推進してまいります。

TigerGraph株式会社が提供するTigerGraphはエンタープライズ分野での利用を想定して設計された次世代グラフデータベースです。「関係性」をグラフ構造で表現することにより、データ同士の"複雑で深いつながり"の分析を可能にします。グラフ深層学習、グラフ構造を前提としたパターンマッチや、中心性、クラスタリング、経路探索などのグラフアルゴリズムを活用することで、RDBMSでは得られなかった気付きを得ることが可能です。

ウルシステムズは2018年9月、米国TigerGraph社の国内初のテクノロジーパートナーとして認定を受け、TigerGraphの活用を支援するプロフェッショナルサービスを提供してまいりました。今回米国TigerGraph社が日本法人を設立するにあたり、これまでの実績を評価されてソリューションパートナーとして認定されました。これまでに蓄積した知見を生かして、国内企業のTigerGraphの活用を一層強力に支援してまいります。サービスメニューは以下の通りです。

・概念実証(Proof of Concept)の実施
・TigerGraphに関する技術コンサルティング
・TigerGraphを使った業務システムの設計・構築

TigerGraphのゼネラルマネジャー齊藤英輔様から以下のコメントをいただいています。
「グラフ テクノロジーは、世界規模で成長を続けており、今後も益々成長が見込まれます。特にAI/MLとの親和性が高く、日本のエンタープライズが抱える多くの問題解決に貢献が出来るテクノロジーです。一方、ご利用頂く条件として1)データベース、AI/MLに関する高度な技術知見、2)お客様視点でのプロジェクトマネジメント経験が重要となります。上記2つの条件を満たす、ウルシステムズ様がソリューション・パートナーとして国内の事業展開に協業できることを大変心強く、また嬉しく思います」

ウルシステムズはユーザー企業の最先端テクノロジー活用を積極的に支援してまいります。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]