アクセンチュア、HFS社の最新評価において、インダストリー4.0サービスプロバイダー部門で2回連続第1位に選出

アクセンチュア株式会社

From: PR TIMES

2022-10-25 11:00

アクセンチュア(NYSE:ACN)は、HFS Research(以下、HFS社)が発行したインダストリー4.0サービスプロバイダーに関する評価レポート「Top 10 Report 2022 for Industry 4.0 services」において、総合第1位に選出されました。アクセンチュアは、2019年に発表された前回のHFSインダストリー4.0サービスプロバイダーランキングでも首位を獲得しています。



[画像: (リンク ») ]

HFS社では、インダストリー4.0を「自動化とデータ活用が製造技術に及ぼす影響の拡大」と定義しています。これには、サイバーフィジカルシステム(CPS)、IoT、クラウドコンピューティング、AIが含まれます。

HFS社のアナリストは、インダストリー4.0関連サービスのプロバイダー14社を4つのカテゴリーに分類して評価しました。アクセンチュアは、「実行」「イノベーション」「部門間コラボレーション(OneOffice™*¹)」のカテゴリーで首位を獲得し、「顧客からの評価」項目では2位にランクインしました。

HFS社のレポートによると、アクセンチュアは、コンサルティングとイノベーションに重点を置いた拡張性の高いサービスプロバイダーであると評価されています。特に、デジタルを活用したエンジニアリングとマニュファクチャリングによる統合的なアプローチを行うインダストリーX本部( (リンク ») )は、評価対象となったサービスプロバイダーの中でも、顧客数と専門家の数において最大規模であると評価されました。

そのほかにも、アクセンチュアが提供するデジタルサービスファクトリーやスマートコネクテッド製品、プラットフォーム ハブなどを実現するためのサービスやソリューションがあり、業務効率化と新しい収益・ビジネスモデルの加速を組み合わせた価値提案を行っていることが高く評価されました。

HFS社のアソシエイトプラクティスリーダーであるマイヤンク・マドゥール氏(Mayank Madhur)は次のように述べています。「アクセンチュアのインダストリー4.0サービスは、戦略から実装、マネージドサービスまで、バリューチェーン全体の価値向上につながるサービスを提供できます。この豊富な専門知識を持ち合わせていることが今回1位として選出した主な理由です」

アクセンチュアのインダストリーXで、エンジニアリングおよび製造部門 グローバルリードを務めるセフ・トゥマ(Sef Tuma)は、次のように述べています。「企業は、データとデジタル技術を活用して、製品や製造方法を再構築することが求められています。アクセンチュアは、最新の技術革新を戦略的かつ実用的に適用することで、エンジニアリングと製造のデジタル化という来る製造業における変革を支援します。これにより、創造的破壊が続く市場において、お客様がより柔軟で生産性の高い、サステナブルな企業となることを支援します」

レポートによると、新型コロナウイルス感染症の流行は、デジタルエンジニアリングや製造改革を実施していなかった企業に警鐘を鳴らしました。一方で、デジタルエンジニアリングや製造改革は、企業がコロナ禍を乗り切るための重要な推進力となりました。企業はクラウドやエッジコンピューティング、アナリティクス、自動化などの組み合わせを効果的に導入することで、生産性を高め、コストを削減し、製品やサービスをより早く市場に投入することができ、顧客からの要望に細やかな対応が可能になります。

アクセンチュアはこの10年にわたり、デジタルを活用したエンジニアリングとマニュファクチャリングのビジネスを継続的に強化してきました。直近では、自動製造システムとロボティクス・ソリューションを提供するEclipse Automation社を買収しました。そのほかにも、国際的なエンジニアリングサービスプロバイダーであるアムラウトや、製品ライフサイクル管理システム統合のためのコンサルティング能力を持つディアイスクエア、資産管理とパフォーマンスのスペシャリストである Advocoと T.A. Cook、自律移動ロボット専門の Polluxなどの買収や投資を行っています。

HFS社の報告書の詳細はこちらからダウンロードください。
(リンク ») (英語のみ)

*¹ OneOffice™は、HFS社が掲げる実行可能なデジタル変革のためのビジョンです。新たなテクノロジーと人、プロセス、さらにデータ活用がもたらすイノベーションを組み合わせることで、フロントオフィスとバックオフィスの間の壁を取り払い、サイロ化を打破して成功を収めるというメッセージが込められています。

アクセンチュアについて
アクセンチュアは、デジタル、クラウドおよびセキュリティ領域において卓越した能力で世界をリードするプロフェッショナル サービス企業です。40を超える業界の比類のなき知見、経験と専門スキルを組み合わせ、ストラテジー&コンサルティング、テクノロジー、オペレーションズサービス、アクセンチュア ソングの領域で、世界最大の先端テクノロジーセンターとインテリジェントオペレーションセンターのネットワークを活用して提供しています。アクセンチュアは72万1,000人の社員が、世界120カ国以上のお客様に対してサービスを提供しています。アクセンチュアは、変化がもたらす力を受け入れ、お客様、社員、株主、パートナー企業や社会へのさらなる価値を創出します。
アクセンチュアの詳細は www.accenture.com/us-en を、
アクセンチュア株式会社の詳細は www.accenture.com/jp をご覧ください。

Copyright (c) 2022 Accenture. All rights reserved. Accenture and its logo are trademarks of Accenture.This content is provided for general information purposes and is not intended to be used in place of consultation with our professional advisors. This document refers to marks owned by third parties. All such third-party marks are the property of their respective owners. No sponsorship, endorsement or approval of this content by the owners of such marks is intended, expressed or implied.

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アクセンチュア株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]