MITで大人気の講義テキスト!大幅な内容追加を受けて第3版が登場! 『Python言語によるプログラミングイントロダクション 第3版―計算モデリングとデータサイエンスの応用とともに』発行

株式会社インプレスホールディングス

From: PR TIMES

2023-02-01 16:40



 インプレスグループで理工学分野の専門書出版事業を手掛ける株式会社近代科学社は、2023年1月31日に、『Python言語によるプログラミングイントロダクション 第3版―計算モデリングとデータサイエンスの応用とともに』(John V. Guttag 著、久保 幹雄 監訳、麻生敏正、木村泰紀、小林和博、斉藤佳鶴子、関口良行、鄭金花、並木誠、兵藤哲朗、藤原洋志、古木友子 翻訳)を発行いたしました。
[画像: (リンク ») ]

●書誌情報
【書名】Python言語によるプログラミングイントロダクション 第3版 ―計算モデリングとデータサイエンスの応用とともに
【著者】John V. Guttag
【監訳】久保 幹雄
【翻訳】麻生敏正、木村泰紀、小林和博、斉藤佳鶴子、関口良行、鄭金花、並木誠、兵藤哲朗、藤原洋志、古木友子
【仕様】B5判・並製・504頁
【本体価格】5,500円(税込6,050円)
【ISBN】978-47649-0646-4 C3050
【商品URL】 (リンク »)

●内容紹介
MITで大人気の講義テキストの第3版。「深さよりも広さを」というコンセプトで、多くのトピックに対して簡潔なイントロダクションが与えられており、問題を捉えるためのプログラミング的なものの考え方や、プログラミングモデル作成の方法、データから情報を抽出するためのプログラム手法を習得することができます。プログラミング初心者だが問題解決のために計算機を用いたアプローチを理解したいと考えている読者にも、経験豊富なプログラマでモデリングやデータ探索のためのプログラミングを学びたい読者にも有意義な一冊です。

・導入部分の説明が拡充して、初心者にもよりわかりやすい内容に。
・Pandas を用いたデータ分析方法に関する新章を追加!
・ほかの入門書には見られない幅広いトピックに焦点を当てています。

●著者紹介
著者
John V. Guttag

監訳者
久保 幹雄(東京海洋大学 教授)

訳者
麻生敏正(東京海洋大学 准教授)
木村泰紀(東邦大学 教授)
小林和博(青山学院大学 准教授)
斉藤佳鶴子(翻訳家)
関口良行(東京海洋大学 准教授)
鄭金花(Log Opt Co., Ltd., CEO)
並木誠(東邦大学 教授)
兵藤哲朗(東京海洋大学 教授)
藤原洋志(信州大学 准教授)
古木友子(株式会社ビープラウド)

●目次
第1章 さあ,始めよう!
1.1 本章で紹介した用語

第2章 Pythonの概要
2.1 Python のインストールと Python IDE
2.2 Python の基礎入門
2.3 分岐プログラム
2.4 文字列と入力
2.5 While ループ
2.6 for ループと range
2.7 スタイルについて
2.8 本章で紹介した用語

第3章 簡単な算術プログラム
3.1 総当り
3.2 近似解と 2 分法
3.3 浮動小数点数型の利用に関する注意
3.4 ニュートン–ラフソン法
3.5 本章で紹介した用語

第4章 関数,スコープ,抽象化
4.1 関数とスコープ
4.2 仕様
4.3 関数を使ったコードのモジュール化
4.4 オブジェクトとしての関数
4.5 メソッドと過度な単純化
4.6 本章で紹介した用語

第5章 構造型と可変性
5.1 タプル
5.2 範囲と反復
5.3 リストと可変性
5.4 リストに対する高階演算
5.5 文字列, タプル,範囲とリスト
5.6 集合
5.7 辞書
5.8 辞書の内包表記
5.9 本章で紹介した用語

第6章 再帰と広域変数
6.1 フィボナッチ数
6.2 回文
6.3 広域変数
6.4 本章で紹介した用語

第7章 モジュールとファイル
7.1 モジュール
7.2 定義済みパッケージの利用
7.3 ファイル
7.4 本章で紹介した用語

第8章 テストとデバッグ
8.1 テスト
8.2 デバッグ
8.3 本章で紹介した用語

第9章 例外とアサーション
9.1 例外の処理
9.2 フロー制御機構としての例外
9.3 アサーション
9.4 本章で紹介した用語

第10章 クラスとオブジェクト指向プログラミング
10.1 抽象データ型とクラス
10.2 継承
10.3 カプセル化と情報隠蔽
10.4 さらなる例
10.5 本章で紹介した用語

第11章 計算複雑性入門
11.1 計算複雑性についての考察
11.2 漸近記法
11.3 いくつかの重要な計算複雑性のクラス
11.4 本章で紹介した用語

第12章 いくつかの単純なアルゴリズムとデータ構造
12.1 探索アルゴリズム
12.2 ソーティングアルゴリズム
12.3 ハッシュ表
12.4 本章で紹介した用語

第13章 プロットとクラス
13.1 Matplotlib を用いたプロット
13.2 住宅ローン残高の図示
13.3 感染症データに対する対話型プロット
13.4 本章で紹介した用語

第14章 ナップサック問題とグラフ最適化問題
14.1 ナップサック問題
14.2 グラフ最適化問題
14.3 本章で紹介した用語

第15章 動的計画法
15.1 フィボナッチ数列,再考
15.2 動的計画法と 0/1 ナップサック問題
15.3 動的計画法と分割統治
15.4 本章で紹介した用語

第16章 ランダムウォークと可視化
16.1 ランダムウォーク
16.2 酔歩
16.3 偏りのあるランダムウォーク
16.4 仕掛けを持つ場
16.5 本章で紹介した用語

第17章 確率,統計とプログラム
17.1 確率を用いたプログラム
17.2 簡単な確率計算
17.3 推計統計学
17.4 分布
17.5 ハッシュと衝突
17.6 良いチームはどれくらい勝つ?
17.7 本章で紹介した用語

第18章 モンテカルロ・シミュレーション
18.1 パスカルの問題
18.2 「パスライン」か「ドントパス」か
18.3 性能を上げるために参照表を使う
18.4 π を求める
18.5 シミュレーションモデルに関する結びのことば
18.6 本章で紹介した用語

第19章 標本抽出と信頼区間
19.1 ボストンマラソンの標本抽出
19.2 中心極限定理
19.3 平均の標準誤差
19.4 本章で紹介した用語

第20章 実験データの理解
20.1 バネの振舞い
20.2 発射体の振舞い
20.3 指数的に分布するデータの回帰
20.4 理論が得られないとき
20.5 本章で紹介した用語

第21章 無作為試験(無作為抽出試験)と仮説の照合
21.1 有意性のチェック
21.2 p 値に注意せよ
21.3 片側検定と 1 標本検定
21.4 有意性の有無
21.5 標本サイズ N の決め方
21.6 多重仮説検定
21.7 条件付き確率とベイズ統計
21.8 本章で紹介した用語

第22章 うそ,真っ赤なうそ,そして統計
22.1 ごみ入れごみ出し(ガイゴー)
22.2 検査は完璧ではない
22.3 図は人をだますもの
22.4 偽りの因果の誤り
22.5 統計的尺度は,ストーリー全体を表すわけではない
22.6 サンプリングの偏り
22.7 文脈が重要である
22.8 りんごをオレンジと比較する
22.9 いいとこ取りをすること
22.10 外挿に注意せよ
22.11 テキサスの名射撃手の誤り
22.12 百分率は混乱を呼ぶ
22.13 回帰の誤謬
22.14 統計的に有意な差は,無意味であるかもしれない
22.15 よく用心せよ
22.16 本章で紹介した用語

第23章 Pandasによるデータの探索
23.1 データフレームと CSV ファイル
23.2 シリーズとデータフレームの生成
23.3 列と行の選択
23.4 データフレーム内のデータの操作
23.5 発展的な例
23.6 本章で紹介した用語

第24章 機械学習はやわかり
24.1 特徴ベクトル
24.2 距離
24.3 本章で紹介した用語

第25章 クラスタリング
25.1 Cluster クラス
25.2 k 平均クラスタリング
25.3 不自然な例
25.4 より不自然さの少ない例
25.5 本章で紹介した用語

第26章 分類法
26.1 分類器の評価
26.2 ランナーの性別予想
26.3 k 近傍法
26.4 回帰をもとにした分類器
26.5 タイタニック号からの生還
26.6 まとめ
26.7 本章で紹介した用語

付録A Python 3.8 簡易マニュアル

【株式会社 近代科学社】 (リンク »)
株式会社近代科学社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚浩昭)は、1959年創立。
数学・数理科学・情報科学・情報工学を基軸とする学術専門書や、理工学系の大学向け教科書等、理工学専門分野を広くカバーする出版事業を展開しています。自然科学の基礎的な知識に留まらず、その高度な活用が要求される現代のニーズに応えるべく、古典から最新の学際分野まで幅広く扱っています。また、主要学会・協会や著名研究機関と連携し、世界標準となる学問レベルを追求しています。

【インプレスグループ】 (リンク »)
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:松本大輔、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。
「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「航空・鉄道」「モバイルサービス」「学術・理工学」を主要テーマに専門性の高いメディア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

【お問い合わせ先】
株式会社近代科学社
TEL : 03-6837-4828
電子メール: reader@kindaikagaku.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社インプレスホールディングスの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]