ウルシステムズ、コグニビジョンの製品リニューアルとシステム内製化を支援

~損保会社と整備工場を繋ぐ情報共有サービス「コグニフォトベース」を全面刷新~

ウルシステムズ株式会社

2023-02-09 10:00

ウルシステムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:横山芳成、以下、ウルシステムズ)は、コグニビジョン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:島田 浩二、以下コグニビジョン)のファイル共有・コミュニケーションサービス「コグニフォトベース」の全面リニューアルを支援しました。同製品は事故車修理に関する情報共有サービス「cogni PHOTOBASE」として業界のデファクトスタンダードとして知られています。

<コグニビジョンの概要>
コグニビジョンは損害保険会社などの出資で1974年に設立されたIT企業です。事故車修理費見積りシステム「コグニセブン」を筆頭に自動車アフターマーケットに特化したパッケージシステムを複数提供しています。2017年の社名変更をきっかけとして最新技術を活用した製品リニューアルやシステム内製化の推進、新分野への進出などに意欲的に取り組んできました。「コグニフォトベース」の全面リニューアルもそうした活動の一環です。

<コグニフォトベースの概要と課題>
コグニフォトベースは損害保険会社と自動車修理工場が事故車修理に関して情報共有するためのシステムです。事故車の写真や修理費の見積書、修理に付随するやりとりを一元的に管理します。業界のデファクトスタンダードと言える存在でしたが、長年にわたる運用の結果、システム内部の構造が複雑化しており、新しい機能の追加やスマートフォンへの対応といった変更が困難でした。今後のビジネス展開でコグニフォトベースが重要な役割を担うことを見据えて、このほど全面的なリニューアルに踏み切りました。ウルシステムズは過去数年にわたりコグニビジョンの基幹システム刷新やシステム内製化といった重要プロジェクトを支援してきました。こうした実績を評価されてコグニフォトベース刷新の支援要請を受けました。

<プロジェクトの概要>
ウルシステムズは製品リニューアルの企画段階から参加し、プロジェクト全般を推進しました。現行製品の課題と今後のビジネス展開を整理し、製品のリニューアル計画を立案しました。その後、要件定義および設計・実装フェーズに着手。コグニビジョンの内製化方針を踏まえてコグニビジョンの社員を主体としつつ、ウルシステムズのコンサルタントがサポートするようチームを構成しました。プロジェクトの実務をこなしながらスキルを移転することで、製品を継続的に運営・拡張できる体制を整えました。プロジェクトは2020年5月よりスタートし、2022年11月に全面的にリリースしました。初期不良もなく正常に稼働しており、現在は新たな機能拡張に着手している段階です。

<コグニビジョンのコメント>
今回のプロジェクトについてコグニビジョン社の取締役商品企画部長 細木道彦氏は次のようにコメントしています。

「コグニフォトベースは、自動車修理工場と損保・共済間での協定業務をサポートする重要なインフラサービスとして長年にわたり幅広くご活用いただいております。これらのサービスもステークホルダーからの様々なビジネス要求に応えるべく大幅刷新が必要との判断で、過去最大級ともいえる今回のプロジェクトがスタートしました。当該システムは5万を超えるユーザーを新しいシステムに移行するという非常にリスクの高いプロジェクトでしたが、ウルシステムズのコンサルタントによる先を見通したプロジェクトリードや、弊社社員、協力会社含めた的確なマネジメントにより、プロジェクト参画メンバーが各々の役割をしっかりと認識し、コミュニケーションを深めることで確固たる協力体制の相乗効果も生まれ、最大級の成功を収めたプロジェクトであったと認識しております。コグニフォトベースはリリース以降、一度もトラブルに陥ることなく、今日も継続して正常稼働しております。」

ウルシステムズは、今後もコグニビジョンの全社横断でのイノベーション創出を支えてまいります。

このプレスリリースの付帯情報

cogni PHOTOBASE

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]