「サプライチェーンネットワーク・リデザイン」サービス提供開始

株式会社クニエ

From: PR TIMES

2023-02-08 18:46

~損益、リスク、GHG/ESG、4観点でのサプライチェーンネットワーク最適化を実現~

コンサルティングファームの株式会社クニエ(NTTデータグループ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:土橋 謙、以下クニエ)は、サプライチェーンネットワーク最適化実現を支援する「サプライチェーンネットワーク・リデザイン」サービスを2023年2月8日より提供開始します。
本サービスでは、現状のサプライチェーンネットワークを可視化し、サプライチェーン上の課題を、供給コスト、途絶リスク、GHG(注1)/ESG(注2)、4つの観点から抽出のうえ、それらを総合的に勘案したサプライチェーンネットワークの再設計を支援します。可視化や最適化シミュレーションにあたっては、オランダAIMMS社(注3)のデジタルツール「Supply Chain Network Designアプリケーション」を活用し、複雑なサプライチェーンにおける分析やサプライチェーンの再設計を促進します。
クニエは、これまでの豊富なコンサルティング実績に基づき、今後も企業のサプライチェーンネットワーク最適化に貢献していきます。



【背景】
従来のサプライチェーンマネジメント(SCM)は、サプライヤーや工場、物流ルート、販売倉庫など、サプライチェーンネットワークは大きく変わらない(あるいは変える必要がない)前提で行われており、サプライチェーンネットワーク上を流れるモノの生産や物流の無駄を極力排除し、サプライチェーン運用コストを最小に抑えつつ、顧客の要求納期内での供給を実現することを目的としてきました。
しかし、今日においては供給に影響を与える要因が多様化し、調達、生産、物流とさまざまな領域がボトルネックになるなど、既存のサプライチェーンネットワークでは供給リスクに十分に対応できない場合が多くなっています。加えて、経営・事業戦略の変更や、サプライチェーン全体でサステナビリティーへの配慮が求められるなど、サプライチェーンネットワークそのものを再設計する必要性が増大しています。その一方、サプライチェーン全体を見渡して分析する機能や組織がない事などから、現サプライチェーンネットワークのパフォーマンス評価や、それら評価に基づくネットワークの見直しについて、十分に検討・実施できているケースは多くありません。
そこでクニエは、不確実性が高く、持続性を考慮する必要に迫られる状況下で柔軟な対応が可能になる、サプライチェーンネットワーク再設計に関わるコンサルティングサービスを提供することとしました。


【本サービス概要】
本サービスは、サプライチェーンネットワークの可視化および課題の抽出・評価を行い、サプライチェーンの再設計を支援するコンサルティングサービスです。サプライチェーンマネジメントにおけるクニエの豊富なコンサルティング実績に基づき、供給コスト、途絶リスク、GHG/ESGの4つの観点から課題抽出・評価を行い、サプライチェーンネットワーク全体の最適化を支援します。なお、可視化・分析にあたっては、AIMMS社が提供するデジタルツール「AIMMS Network Designアプリケーション」を活用します。
[画像1: (リンク ») ]


STEP 1. As-Isサプライチェーンネットワーク可視化
現状のサプライチェーンネットワークを構成する要素を「構造」「制約」「費用」の観点から抽出し、デジタル上でのモデリング・可視化を行います。
[画像2: (リンク ») ]


STEP 2. As-Isサプライチェーンネットワーク課題抽出・評価
供給コストやサプライチェーン途絶リスク、GHG/ESGの4つの観点で、現状のサプライチェーンネットワークにおける課題を抽出し評価を行います。
[画像3: (リンク ») ]


STEP 3. To-Beサプライチェーンネットワーク案検討・評価
供給コストや、サプライチェーン途絶リスク、GHG/ESGの4つの観点を総合的に勘案し、シミュレーションを行いながら将来のサプライチェーンネットワーク案(利益最大化、途絶リスク極小など)を検討、評価を行います。

【期間・費用】
・期間:約3カ月
・費用:480万円~(規模により個別見積もり)


【今後について】
クニエは今後も本ソリューションの提供をはじめ、これまでSCM領域で培った豊富な知見を基にしたコンサルティングサービスを提供することで、グローバル企業の変革を支援します。


【参考:Supply Chain Network Designアプリケーションについて】
AIMMS社が提供するSupply Chain Network Designアプリケーションは、サプライチェーンネットワークのモデリングや可視化に優れ、高速なエンジンを用いた最適化やシナリオに基づく分析の短サイクルでの実施をサポートします。
(リンク »)


(注1)GHG:Greenhouse Gas 温室効果ガスの略。
(注2)ESG:Environment(環境)、Social(社会)、Governance(ガバナンス)の頭文字をあわせた言葉。企業が持続的成長を目指す上で重視すべき観点。
(注3)AIMMS:読み エイムス。オランダに本社を持つソフトウェア会社。数理最適化ソリューションに強みを持ち、ネットワークデザインアプリケーションの他に、需要予測、製販在計画、S&OPなどに適応したアプリケーションを有し、サプライチェーン全般にわたるソリューションを提供している。 (リンク »)
*本文中の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。


■株式会社クニエについて
株式会社クニエはNTTデータグループのビジネスコンサルティング会社です。さまざまな変革に挑戦されるお客様のパートナーとして、高度な専門性と経験を有するプロフェッショナルが幅広いソリューションを提供し、お客様の変革の実現をグローバルベースで推進します。同社に関する詳しい情報は、< (リンク ») をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社クニエの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]