メタバースで住宅用プランが検討できるサービスを提供開始

大日本印刷株式会社

From: PR TIMES

2023-04-25 11:16

ハウスメーカーと施主が場所を選ばず住宅プランを共有して商談の効率化を実現

大日本印刷株式会社(DNP)は、注文住宅の商談等に使う住宅用プレゼンテーションソフトのデータを最短15秒*1で高精細なVR(Virtual Reality:仮想現実)データに変換するソフトウェア「DNPバーチャルエクスペリエンス VRプレゼンゲートウェイ」*2を提供しています。今回、このソフトウェアの「メタバース版」を開発し*3、住宅プランのVRデータを、PC・タブレット端末・スマートフォン等のWebブラウザで、複数名が同時に閲覧できるサブスクリプション(定期払い)サービスとして2023年5月より提供開始します。



「メタバース版」によって、ハウスメーカーや工務店等の住宅事業者と施主がショールーム等のリアルな場に集まらなくても、VR空間内で自由にウォークスルー(移動)しながら、住宅プランを検討することができます。「VRプレゼンゲートウェイ」同様、施主の理解を深めて購買への意思決定を促し、打ち合わせの時間や回数を縮減するという提供価値に加え、場所や機材の制約に縛られない利便性を実現するなど、住宅事業者のデジタルトランスフォーメーション(DX)にもつなげていきます。
*1 当社環境における試験による実測値
*2 「VRプレゼンゲートウェイ」についてはこちら → (リンク »)
*3 「VRプレゼンゲートウェイ メタバース版」についてはこちら → (リンク »)
[画像: (リンク ») ]

【「VRプレゼンゲートウェイ メタバース版」開発の背景】
住宅事業者と施主の商談において、PC等で完成イメージをシミュレーションして表示する住宅用プレゼンテーションソフトの利用が広がっています。DNPは、これらのソフトで作成した3Dデータを“速く、かんたん、キレイに”VRデータに変換するソフトウェア「DNPバーチャルエクスペリエンス VRプレゼンゲートウェイ」を提供しています。近年は、時間や場所の制約が少なく、簡単に実施できるオンライン商談のニーズも増えており、今回、インターネット上の仮想空間・メタバースで住宅事業者と施主が住宅プランを共有・体験できる「DNPバーチャルエクスペリエンス VRプレゼンゲートウェイ メタバース版」を開発しました。「メタバース版」の導入によって、高精細VRデータを活用したバーチャル空間でのウォークスルーなどを容易に実現できます。
なお、「メタバース版」開発にあたっては、住宅用プレゼンテーションソフト「Walk in home(ウォークインホーム)」の開発元である株式会社DTS(本社:東京)と「VRプレゼンゲートウェイ」ユーザー企業および販売代理店各社から、住宅販売業界の発展に資するという志のもと、必要な機能やパフォーマンスに関する様々なご意見をいただきました。こうした声は「メタバース版」の今後の継続的なバージョンアップにも活かしていきます。

【「VRプレゼンゲートウェイ メタバース版」の特長】
1.“速く、かんたん、キレイに”に加え、“いつでも、どこでも”高精細VRの住宅プレゼンテーションが可能
「メタバース版」では、住宅事業者が住宅用プレゼンテーションデータをクラウド環境にアップロードしてVRデータに変換します。営業担当者や施主が異なる場所やデバイスで、VRデータに変換した住宅プランに同時にアクセスして商談できるため、時間と場所の制約を受けにくくなります。「VRプレゼンゲートウェイ」の“速い、かんたん、キレイ”という従来の提供価値はそのままに、“いつでも、どこでも”利用できる利便性を加えました。
現在は、株式会社DTSの住宅用プレゼンテーションソフト「Walk in home 2022」*4で作成したデータに対応しており、今後、対応ソフトを拡げていきます。
*4 Walk in homeのWebサイトURL → (リンク »)

2.専用機材が不要なため、施主の自宅でもVR体験が可能
「メタバース版」は、CG描画用に特化したPCを必要とせず、生活者が広く利用するPCやタブレット端末、スマートフォン等のWebブラウザで利用できます。専用のデバイスやアプリケーションが不要なため、“どこでも”VRデータを活用した住宅プレゼンテーションが行えます。
また、住宅事業者の担当が同席しなくても、施主は自宅等で好きな時間に、自由にウォークスルーなどを行いながらプランを確認できます。

3.サブスクリプションサービスとして提供
「メタバース版」のサービスは、サブスクリプション型で提供します。各企業の初期コストを下げることで、導入しやすくします。

【今後の展開】
DNPは、「DNPバーチャルエクスペリエンス VRプレゼンゲートウェイ メタバース版」をハウスメーカーや工務店、リフォーム会社など、住宅販売市場に提供していきます。この「メタバース版」は、2021年からDNPが推進しているXR(Extended Reality)コミュニケーション事業の一環と位置付けており、メタバース関連の多様なサービスとも連動を図り、機能拡張などを進めていきます。

※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

大日本印刷株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]