三井不動産の「MFLP &LOGI Solution」へパートナー企業として参画

三菱重工業株式会社

From: PR TIMES

2023-05-09 18:46

三菱ロジスネクスト、「庫内効率化」のソリューションをサポート

◆ 約50社のサポート企業の1社として参画、体験型ショールーム「MFLP ICT LABO」にレーザーAGFを納入済
◆ 倉庫内搬送の自動化・省人化ならびに最適な保管と搬送を実現する無人化ソリューションを提案



[画像: (リンク ») ]

三菱重工グループの三菱ロジスネクスト株式会社(社長:間野 裕一、本社:京都府長岡京市、以下、三菱ロジスネクスト)は、三井不動産株式会社(社長:植田 俊氏、本社:東京都中央区、以下、三井不動産)主導による新たな物流コンサルティングプラットフォームである「MFLP &LOGI Solution」にパートナー企業として参画します。

■MFLP &Logiの概要
三井不動産グループが2023年4月からサービスの提供を開始した「MFLP &Logi Solution」は、物流に関するさまざまな課題に悩むお客様に対し、ハード(物件・設備)とソフト(三井不動産の知見、総合物流コンサル会社であるMFロジソリューションズ(MFLS)のノウハウ、パートナー企業とのネットワークなど)の両面で、最適なソリューションの提案からその先の物流戦略策定まで全面的にサポートするサービスです。

■パートナー企業としての三菱ロジスネクストの役割
三菱ロジスネクストは、三井不動産グループによるこのサービスにおいて、ソリューションネットワークを構成する約50社のサポート企業の1社として、そのサービスの1つである「庫内効率化」のソリューションに参画します。具体的な取り組みでは、三井不動産ロジスティクスパーク船橋(千葉県船橋市)内の体験型ショールーム「MFLP ICT LABO 2.0」において、各種自動化・省人化ソリューションの最先端技術としてレーザー誘導方式無人フォークリフト(レーザーAGF)「PLATTER Auto(1.5トン積)」を納入しました。このレーザーAGFは、レーザースキャナで反射板をスキャンし車両の現在地を認識しながら走行するため、磁気棒の埋設工事が不要で、賃貸倉庫など大掛かりな設備工事が困難な現場でも柔軟にレイアウトを設定することが可能です。

AGFの最先端技術と豊富な実績を持つ三菱ロジスネクストは、今回のパートナー事業としての参画も含め、倉庫内搬送の自動化・省人化を検討するお客様に向け、最適な保管と搬送を実現する無人化ソリューションを提案していきます。

【三井不動産ニュースリリース】
(リンク »)

【MFLP &LOGI Solution 特設Webサイト】
(リンク »)

【三菱ロジスネクストコーポレートサイト 物流システム無人フォークリフト】
  (リンク »)

■三菱重工業株式会社
ウェブサイト: (リンク »)
オンラインマガジン「SPECTRA」(日本語): (リンク »)
公式Twitter:@MHI_GroupJP

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]