ウインドリバー、NTTドコモが国内で商用展開開始した5G仮想化基地局に、Wind River Studioを提供

ウインドリバー株式会社

From: PR TIMES

2023-09-27 16:16



2023年9月27日、日本東京発 - インテリジェントエッジ向けソフトウェアを提供する世界的なリーダーであるウインドリバーの日本法人、ウインドリバー株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 中田 知佐、以下ウインドリバー)は、株式会社NTTドコモ(*1)(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 井伊基之、以下 NTTドコモ)が2023年9月に商用展開を開始(*2)した5G仮想化基地局に、Wind River(R) Studio(*3)が使用されていることを発表しました。

NTTドコモ初のvRAN商用サービスの開始にあたり、仮想基地局にはWind River Studio Cloud Platformと、富士通株式会社(以下富士通)の仮想化セントラルユニット(vCU)および仮想化分散ユニット(vDU)、最新のNVIDIAコンバージドアクセラレータが統合されています。Wind River Studio Cloud Platformは、分散エッジネットワークの開発、デプロイ、運用、サービスを大規模に行うための、オープンソースソフトウェアをベースとした、完全にクラウドネイティブなKubernetesおよびコンテナベースのアーキテクチャを提供します。

NTTドコモのグローバルビジネス部OREXエバンジェリストの安部田貞行氏は次のように述べています。「ネットワークの柔軟性や拡張性、導入コストや保守コストの削減など、魅力的なメリットがあることから、業界ではvRANやOpen RANへの移行が進んでいます。ウインドリバー、富士通、NVIDIAのような実証済のソリューションを提供するエキスパートと協力することで、商用レベルの機能サポートと品質を確保し、業界の変革に貢献し、進化する通信環境のニーズを満たすイノベーションを加速していきます」

ウインドリバーの最高技術責任者(CTO)、ポール・ミラーは次のように述べています。「分散型クラウドネットワークは非常に複雑です。サービスプロバイダが5Gの新しいユースケースをうまくサポートできるように、導入を容易にし、自動化と運用効率のレベルを高めるための技術革新が不可欠です。ウインドリバーは、NTTドコモ、富士通、NVIDIAなどのリーダーと緊密に協力することで、Wind River Studioをベースとした実証済みのテクノロジーを提供いたします」

富士通のモバイルシステム事業本部長、谷口正樹氏は次のように述べています。「富士通は、完全仮想化された5G基地局ソフトウェアを提供することで、顧客が超低遅延サービスを実現し、TCOを高度に最適化できるよう支援します。NTTドコモ、ウインドリバー、NVIDIAと協力し、次世代ネットワークのイノベーションを発展させていくことを楽しみにしています」

NVIDIAの通信事業担当シニアバイスプレジデント、ロニー・ヴァシシュタ氏は次のように述べています。「業界のリーダーであるNTTドコモ、ウインドリバー、および富士通と協力することで、NVIDIAは、高性能で電力効率に優れ、ソフトウェアデファインド5G vRANとAIアプリケーションを、オールインワンの商用のNVIDIAアクセラレーテッドシステムで提供できるよう支援しています。このテクノロジーは、周波数利用効率の高い5Gネットワークの革新的な新しいユースケースを実現するのに役立ちます」

ウインドリバーは、Wind River Studio Cloud PlatformとWind River Studio Analyticsの両機能をNTTドコモに提供しています。オープンソースのStarlingXプロジェクトベースのWind River Studio Cloud Platformは、地理的に分散されたマネージドソリューションの基盤を提供し、物理的な場所に関係なく、何千ものノードを一元管理かつゼロタッチで自動管理することにより、構築フェーズと運用フェーズを簡素化します。Wind River Studio Analyticsは、地理的に分散したファーエッジクラウドの状況を監視するために使用できます。Wind River Studioは、サービスプロバイダが地理的に分散した超低遅延インフラの導入と管理に直面する複雑な課題に対応し、5G仮想化基地局の大規模な導入を可能にします。

ウインドリバーは5G時代のリーダーとして、世界初の5G データセッションの成功(*4)や、O-RAN準拠の5Gスタンドアローン仮想化基地局の構築(*5)、商用サービス向け初の完全自動化されたエッジデータセンターを展開(*6)においても重要な役割を果たしています。

[画像: (リンク ») ]



ウインドリバーについて
ウインドリバーは、ミッションクリティカルなインテリジェントエッジ向けソフトウェアを提供する世界的なリーディングカンパニーです。40年以上にわたり、イノベーターかつパイオニアとして、最高レベルのセキュリティ、安全性、信頼性を数十億台を超えるデバイスやシステムに提供しています。ウインドリバーのソフトウェアと専門性は、オートモーティブ、航空宇宙・防衛、インダストリアル、メディカル、通信など、あらゆる業界のデジタルトランスフォーメーションを加速させています。ウインドリバーは、ワールドクラスのグローバルなプロフェッショナルサービスとサポート、および幅広いパートナーエコシステムによってサポートされた包括的なポートフォリオを提供しています。ウインドリバーの詳細については、以下をご覧ください。
(リンク »)

*1: (リンク »)
*2: (リンク »)
*3: (リンク »)
*4: (リンク »)
*5: (リンク »)
*6: (リンク »)


# # #

Wind Riverは、Wind River Systems, Inc.およびその関連会社の商標または登録商標です。記載されているその他の商標は、各所有者に帰属します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]