輪島市、LGWAN環境でのMicrosoft 365やAdobe製品の利用に向けて「A10 Thunder CFW」を採用

~ 管理側の負担軽減とセキュアな環境構築を実現 ~

A10ネットワークス株式会社

2023-10-05 11:15

A10ネットワークスは、輪島市が、LGWAN環境でのMicrosoft 365やAdobe製品の利用に向けて「A10 Thunder CFW」を導入したことを発表します。
A10ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、日本法人代表 兼 社長 米国本社ヴァイスプレジデント兼務:川口 亨、以下A10)は、輪島市(所在地:石川県輪島市)が、LGWAN(総合行政ネットワーク)環境でのMicrosoft 365やAdobe製品の利用に向けて、統合型ADC+ファイアウォール製品「A10 Thunder CFW」を採用したことを発表します。

■導入背景
輪島市は、職員の業務効率化を通じて市民の利便性向上を図るため、セキュアなLGWAN環境を維持しつつ、クラウドサービスの積極的な活用を検討してきました。自治体DXにはクラウドサービスの利用が必要不可欠ですが、これまでのLGWAN環境ではMicrosoft 365 Apps for BusinessやAdobe Creative Cloudのライセンス認証に対する負担が重く、各職員が持つスキルにも左右されてきました。こうした背景から、自治体向けに効率的な負荷分散や豊富なセキュリティ制御の導入実績を持つA10 Thunder CFWの採用を決定しました。

■見込まれる導入効果
A10 Thunder CFWは、企業や自治体のクラウドサービスの活用促進に必要となるさまざまなネットワーク・セキュリティ機能を統合したセキュリティプラットフォームです。通信制御の機能では、クラウドサービスのドメイン名を基に、通信を柔軟かつ正確に振り分け、ネットワークの逼迫にも対応します。

A10 Thunder CFWは、自治体の三層分離(αモデル)のネットワーク環境において、LGWAN接続系の端末からの通信を集約し、Microsoft 365の通信を直接インターネットに振り分けるとともに、インターネット回線の負荷分散も担い、レスポンス低下やアクセス遅延を防ぎます。不定期に更新されるMicrosoft 365ドメインの自動更新にも対応している他、日本語による分かり易いGUIにより運用の負荷軽減にも寄与します。

輪島市では、冗長化されたA10 Thunder CFW経由でLGWANからクラウドサービス向けのトラフィックをオフロードします。Microsoft 365ドメインの自動追従やSSL/TLS可視化機能を同時に利用することにより、安全面を維持したまま端末展開やアップデートにかかる人的、時間的負担を軽減します。

同市におけるA10 Thunder CFWの本稼働開始は令和6年1月を予定しており、64名の職員から利用を開始します。将来的にはSalesforce上に構築された電子申請サービスの管理画面をLGWANで利用できるようするなど徐々に活用範囲を広げ、業務効率改善に取り組んでいきます。

■LGWAN環境からクラウドサービスを安全に利用するために必要な機能を提供
(リンク »)

■A10 Networks / A10ネットワークス株式会社について
A10 Networks は、オンプレミス、ハイブリッドクラウド、エッジクラウド環境における、セキュリティ、インフラストラクチャの課題を解決するソリューションを提供しています。大手グローバル企業や通信、クラウド、Webサービス事業者まで7000社以上のお客様に導入いただいており、ビジネスに不可欠なアプリケーションやネットワークの安全性、可用性、効率性を高めています。A10ネットワークスは2004年に設立されました。米国カリフォルニア州サンノゼに本社を置き、世界中のお客様にサービスを提供しています。

A10ネットワークス株式会社はA10 Networksの日本子会社であり、お客様の意見や要望を積極的に取り入れ、革新的なアプリケーションネットワーキングソリューションをご提供することを使命としています。

詳しくはホームページをご覧ください。
URL: (リンク »)
X(旧Twitter): (リンク »)
Facebook: (リンク »)

※A10 ロゴ、A10 Networks、A10 Thunderは米国およびその他各国におけるA10 Networks, Inc. の商標または登録商標です。
※その他上記の全ての商品およびサービスの名称はそれら各社の商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]