ニッセン、AkamaiのエッジコンピューティングサービスでECサイトのパフォーマンスとユーザー体験を改善

アカマイ・テクノロジーズ合同会社

From: PR TIMES

2023-11-06 13:46

API性能が6倍に向上し、ページ表示が高速化 パーソナライゼーションの課題も解決

アカマイ・テクノロジーズ合同会社(本社:東京都中央区、職務執行者社長:日隈 寛和、以下「Akamai」)は、株式会社ニッセンホールディングス(※1)(本社:京都府京都市、代表取締役社長:羽渕 淳、以下「ニッセン」)が、Akamaiのエッジコンピューティングサービス「EdgeWorkers」および「EdgeKV」を活用することで、同社の運営するオンライン通販ショップ「ニッセン オンライン(※2)」における API の性能が6倍向上し、ページ表示高速化の課題解決に成功した結果、パーソナライズされたショッピング体験がさらに向上したことを発表しました。
※1: (リンク »)
※2: (リンク »)



[画像: (リンク ») ]

カタログ通販の老舗として知られるニッセンは、インターネット通販の運営にも注力しています。品質の高い商品とサービスの提供にこだわる同社は、ITを積極的に活用してお客様に価値を届けています。同社はこれまでAkamai Connected Cloudを活用してECサイトのパフォーマンス維持・向上に努めてきました。しかし、昨今のECサイトは高いパフォーマンスはもちろんのこと、好みや興味に合わせたパーソナライゼーションなど顧客により寄り添ったサービスなど、求められる要件が高くなっています。

ニッセンでは、お勧め商品の一覧などのパーソナライゼーションされたコンテンツ表示を処理する際のパフォーマンスに課題を抱えていました。ユーザーごとに異なる商品を表示するためのAPIリクエストのパターンが多岐に渡るため、CDNキャッシュにヒットさせることが難しく、結果として大量のAPI リクエストを処理するオリジンサーバーには大きな負荷がかかります。

そこで検討されたのがエッジコンピューティング技術を利用したEdgeWorkers です。EdgeWorkersなら使い慣れたJavaScriptで開発したコードをAkamai のエッジサーバー上で分散して駆動することができるので、エッジ側でAPI のリクエストに含まれる商品コードなどの要素を解析処理することでキャッシュのヒット率が上がるのではないかと考えました。そして、その仕組みをアカマイのエンジニアのアドバイスを受けながら開発、実装した結果、それまでオリジンサーバーで行っていたAPIリクエストの処理を大幅にエッジにオフロードすることに成功しました。

さらに、EdgeWorkersと連動する EdgeKV が提供する分散キーバリューストア型データベースに商品データを格納したことで、オリジンが処理するクエリー数を劇的に削減することもできました。これらの施策の結果、サイトのパフォーマンスも改善されユーザーエクスペリエンスが向上しました。

株式会社ニッセンホールディングス 経営推進本部 IT戦略推進部の加藤雄一氏は「EdgeWorkersの働きでAPI性能は6倍に向上しました。アクセスが集中するプロモーションに躊躇することもありません。ニッセンのビジネスは、Akamai の親身なサポートによって支えられています」と述べています。

なおニッセンが開発したプログラムと取り組みは、世界中のECサイトが抱える同様の課題を解決できる先進的なアイデアとして、Akamai がアジア太平洋地区で開催した「EdgeWorkers コーディングコンテスト」で見事優勝に輝きました。

Akamai 社長の日隈寛和は、「”攻めのIT”を実施し、常に先進の取組みで業界をリードする株式会社ニッセンホールディングス様に、EdgeWorkersとEdgeKVを採用いただいたことを大変嬉しく思います。ニッセンホールディングス様の取組みは、世界中のWebサイトにとってエッジコンピューティングの効果的な活用の道筋を示すものとなるでしょう。インターネットを介して提供されるサービスは、商品価値に加えて常にユーザーの期待を越える快適な体験を提供すると同時にビジネスに貢献することが求められます。Akamaiは、より速く、より安全かつ安定したインターネットソリューションを提供することにより、人々のオンラインライフの力となり、守り、なお一層お客様に貢献してまいります」と語っています。

EdgeWorkers 製品概要
(リンク »)

EdgeKV 製品概要
(リンク »)

お客様事例
(リンク »)

Akamai Technologiesについて:
Akamaiはオンラインライフの力となり、守っています。世界中のトップ企業がAkamaiを選び、安全なデジタル体験を構築して提供することで、毎日、いつでもどこでも、世界中の人々の人生をより豊かにしています。広範に分散したエッジおよびクラウドプラットフォームであるAkamai Connected Cloudは、アプリと体験をユーザーに近づけ、脅威を遠ざけます。Akamaiのクラウドコンピューティング、セキュリティ、コンテンツデリバリーの各ソリューションの詳細については、akamai.com/jaおよびakamai.com/blogをご覧いただくか、X (旧Twitter)と LinkedInでAkamai Technologiesをフォローしてください。

※AkamaiとAkamaiロゴは、Akamai Technologies Inc.の商標または登録商標です
※その他、記載されている会社名ならびに組織名は、各社の商標または登録商標です
※本プレスリリースの内容は、個別の事例に基づくものであり、個々の状況により変動しうるものです

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アカマイ・テクノロジーズ合同会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]