ブロックチェーンを活用した電子終活ノートの検証作業を本格開始

株式会社アイティフォー

From: PR TIMES

2024-01-23 15:00



株式会社アイティフォー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐藤 恒徳)は2024年1月22日より、株式会社chaintope(本社:福岡県飯塚市、代表取締役CEO:正田 英樹)と共同で、ブロックチェーンを活用した電子終活ノートの検証作業を開始しました。
本検証作業は、熊本県の「令和5年度Web3等先端技術を活用したDX実証事業委託業務」に係る公募型企画コンペにおいて2023年5月に採択された終活サービス「デジタル金庫」の提案に基づくものです。株式会社九州フィナンシャルグループ様、株式会社肥後銀行様など8団体128名の協力を得て、スマートフォンアプリの利用を通じた検証を実施します。

◆電子終活ノートとは

電子終活ノートは、デジタル金庫を用いた本実証事業向けの専用サービスです。「貸金庫」と「終活ノート」を組み合わせたサービスであり、ブロックチェーン技術を活用して情報を安全に保管できるようにします。
電子終活ノートを使用する人は、遺される人に伝えたい情報を記録する「記録者」と、その情報を受け取る「受取人」に分かれます。また、記録者が登録する情報には「伝えたいこと」と「遺したいこと」の2種類があり、これらはいつでも登録・編集することができます。

○「伝えたいこと」の例
テキストメッセージ、写真、音声メッセージ、映像メッセージなど
○「遺したいこと」の例
預貯金情報、クレジットカード情報、電子マネー情報、保険、不動産、年金、借入金・ローン、遺産分割の希望、かかりつけ医、介護、葬式、インターネットサービス、ペットなど

◆電子終活ノート利用の流れ

- 記録者と受取人がお互いにスマートフォンアプリをインストールします。
- 記録者が「伝えたいこと」・「遺したいこと」をノートに記録し、項目ごとに受取人と共有タイミング(即時・死亡)を設定します。
- 「伝えたいこと」・「遺したいこと」がデジタル金庫内に保管されます。
- 記録者本人が記録したことを示す「検証情報」がシステム上で作成され、ブロックチェーン上に記録されます。
- 記録者が設定したタイミングで、受取人に「伝えたいこと」・「遺したいこと」が開示されます。その際、任意で「検証情報」を照会し、間違いなく記録者本人の遺した情報かどうかを確認することができます。

[画像1: (リンク ») ]
電子終活ノートサービス概念図

◆検証作業概要

参加者のスマートフォンに「電子終活ノート」アプリをインストールし、逝去時などの模擬シナリオに沿って動作させます。一連の動作によって、終活ノートのペーパーレス化、記録された情報の確実な伝達、ブロックチェーン技術による記録された情報の改ざん検知などについて検証します。
また、検証の各工程終了時点でアンケートを実施します。アプリ利用者としての評価はもちろん、参加者それぞれの観点(金融機関・自治体・民間企業)からの意見も募ります。検証完了後には全体統括としてWeb3・DXを意識したアンケートを行い、ブロックチェーンの一般への浸透状況についても調査・分析する予定です。

◆検証作業スケジュール

2024年1月22日~2月19日

◆検証作業参加団体(敬称略・順不同)

熊本県
株式会社九州フィナンシャルグループ
株式会社肥後銀行
九州デジタルソリューションズ株式会社
株式会社アイ・シー・アール(熊本業務センター)
株式会社アイティフォー
株式会社chaintope
株式会社リ・パブリック

[画像2: (リンク ») ]
参加団体向け検証作業説明会を実施

◆各団体概要




【熊本県】
知事  :蒲島 郁夫
URL  : (リンク »)


[画像3: (リンク ») ]





【株式会社九州フィナンシャルグループ】
代表者  :代表取締役社長 笠原 慶久
本店所在地:鹿児島市金生町6番6号
本社所在地:熊本市西区春日1丁目12番3号
URL   : (リンク »)


[画像4: (リンク ») ]





【株式会社肥後銀行】
代表者  :代表取締役頭取 笠原 慶久
本店所在地:熊本市中央区練兵町1番地
URL   : (リンク »)


[画像5: (リンク ») ]





【九州デジタルソリューションズ株式会社】
代表者 :代表取締役社長 徳永 賢治
所在地 :熊本市西区春日1丁目12番3号
URL  : (リンク »)


[画像6: (リンク ») ]





【株式会社アイ・シー・アール】
代表者  :代表取締役社長 中山 かつお
本社所在地:名古屋市東区東桜2-10-1 ヤハギ東桜
URL   : (リンク »)


[画像7: (リンク ») ]





【株式会社アイティフォー】
代表者  :代表取締役社長 佐藤 恒徳
本社所在地:東京都千代田区一番町21番地 一番町東急ビル
URL   : (リンク »)


[画像8: (リンク ») ]





【株式会社chaintope】
代表者  :代表取締役CEO 正田 英樹
本社所在地:福岡県飯塚市幸袋530番地25
URL   : (リンク »)


[画像9: (リンク ») ]





【株式会社リ・パブリック】
代表者 :共同代表 田村 大、市川 文子
所在地 :東京都文京区湯島 2-26-5 藤井ビル 1F(東京オフィス)、福岡県福岡市中央区 薬院 3-12-22 美山ビル302(福岡オフィス)
URL  : (リンク »)


[画像10: (リンク ») ]



関連ニュース

- 熊本県主催の公募型企画コンペで「Digital Safe(デジタル金庫)」が採択 (リンク »)
- くまもとDX推進コンソーシアムのサイトに「Digital Safe(デジタル金庫)」実証事業が掲載されました (リンク »)

プレスリリースURL

(リンク »)
報道機関からのお問い合わせ先

広報部 TEL:03-5275-7914 E-mail:kouhou_ml@itfor.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイティフォーの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]