弁護士ドットコムLIBRARY(R)︎、医学書院発行の医学書を新規収載し医学書領域のコンテンツを拡充

弁護士ドットコム株式会社

From: PR TIMES

2024-02-13 17:16

弁護士ドットコム株式会社(東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:元榮 太一郎、以下当社)は、弁護士が法律書籍・雑誌を閲覧できるサブスクリプション型リーガルリサーチサービス「弁護士ドットコムLIBRARY(R)︎」が株式会社医学書院発行の医学書を新規収載し、参照可能な出版社数が31社となったことをお知らせします。



[画像: (リンク ») ]

弁護士ドットコムLIBRARY(R)︎: (リンク »)

■医学書新規収載の背景
弁護士ドットコムLIBRARY(R)︎は、これまで主に法律書籍の提供に注力してきました。しかし、弁護士がリーガルリサーチを行う上で、法律の知識だけではなく、医療、建築、金融など、取り扱う案件の領域に関する知識も必要となります。そのため、当社では、より広範な領域をカバーするために、第一弾として、医学書出版社として長い歴史を誇る株式会社医学書院よりコンテンツの提供を受けることとなりました。これにより、弁護士の取り扱う様々な案件に対応するための知識を広げることが可能となりました。

■掲載開始書籍について
第一弾のコンテンツとして「今日の整形外科治療指針」(編集:土屋 弘行 / 紺野 愼一 / 田中 康仁 / 田中 栄 / 岩崎 倫政 / 松田 秀一)の掲載を開始します。全28章・総項目数621項・1,000ページからなる本書は、6名の編集者を中心に、456名の執筆陣により制作されました。第一線で活躍する全国の整形外科医による診療事典の決定版として、1987年の初版発行以来、多くの整形外科医や医学生に支持され、その信頼性と実用性が高く評価されています。

■医学書と弁護士業務の関連性
弁護士ドットコムLIBRARY(R)︎は主に法律書籍を取り扱っておりますが、これまでに多くの弁護士から医学書の掲載を求める声がありました。その理由として、交通事故や医療過誤、医療事故などの案件において、弁護士自身が医学についての知識を持つことが求められるからです。病状の理解、治療や処置の適切性の判断、診断書の解読など、弁護士の業務には様々な場面で医学書が活用されます。そして弁護士は、提携する医師と協力しながら案件の解決を目指します。
 今回、医学書院が出版する多数の医学書の中から、特に交通事故案件で評価が高い「今日の整形外科治療指針」の掲載を開始しました。これにより、交通事故案件を扱う多くの弁護士の業務に寄与することが期待されます。

■株式会社医学書院について
1944年の創業以来「専門情報を伝えることを通して医学の発展に寄与する」という理念を守り、医学および看護・介護領域において最新の専門情報を掲載した書籍や雑誌を発行。同社の書籍や雑誌は、学生から教員、研究者、医療従事者まで幅広い層に支持されています。また、医学書領域においては、国内の医学関連領域で最大級の雑誌点数を発行。歴史的に医学書院の特色をなしてきた優れた研究書は、基礎医学から臨床医学まで各領域にわたって最高の水準を維持し、専門医、研究者、医局・研究室・図書室に必備の基本図書として信頼を得ています。さらには臨床検査、理学療法・作業療法・言語聴覚療法,薬学領域、病院管理など関連領域に至るまで、視野の広い出版活動を展開しています。

■弁護士ドットコムLIBRARY(R)︎とは  (リンク »)
弁護士ドットコムLIBRARY(R)︎は、2,000冊以上(※1)の書籍をキーワードやAIによる自然言語処理で検索・閲覧することができるサブスクリプション型リーガルリサーチサービスです。膨大な紙の法律書籍の中から情報を探す手間が省けるので、事件処理の方針検討や書面作成等の弁護士実務を効率化する事ができます。この度、株式会社医学書院の参画により、閲覧可能な出版社数は31社となり、より品質の高い法律書籍のリサーチが可能となりました。

また、書籍の閲覧機能だけでなく、3,000点(※2)を超える契約書式・合意書式例をword形式で提供することにより実務の効率化をサポートします。
※1:2024年1月現在、※2:2024年1月現在出版物掲載書式約2,600点・弊社オリジナル書式約400点の合計数、オリジナル書式のご利用には別途「弁護士ドットコム業務システム」のご契約が必要です。

■弁護士ドットコム株式会社について  (リンク »)
本社:東京都港区六本木四丁目1番4号 黒崎ビル
設立日:2005年7月4日
資本金:460百万円(2023年9月末現在)
代表者:代表取締役社長 兼 CEO 元榮 太一郎
上場市場:東京証券取引所グロース市場
事業内容:「プロフェッショナル・テックで、次の常識をつくる。」をミッションとして、人々と専門家をつなぐポータルサイト「弁護士ドットコム(R)」「税理士ドットコム(R)」「BUSINESS LAWYERS(R)」、契約マネジメントプラットフォーム「クラウドサイン(R)」を提供。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]