弁護士ドットコム、AI搭載の弁護士用書籍検索サービスを発表

河部恭紀 (編集部)

2023-09-28 17:02

 弁護士ドットコムは9月28日、AIを搭載した弁護士用書籍検索サービス「弁護士ドットコムLIBRARY AIアシスタント(α版)」の提供開始を発表した。

 弁護士ドットコムLIBRARY AIアシスタント(α版)は、「GPT-4」を活用した文章検索により、弁護士が多くの時間を従来割いている事案ごとに論点を整理し、関連書籍を探すという2つの作業を一度に処理できるようにする。Microsoftのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」と「弁護士ドットコムLIBRARY」の検索エンジンを活用する。

システム連携イメージ
システム連携イメージ

 キーワードだけでなく文脈も理解することで、キーワードが含まれていない場合でも、関連する書籍のページを見つけ出して表示することができる。さらに、AIが複数の書籍をベースに論点を整理し、そのサマリーも自動生成する。

 同サービスの開発にあたっては、PKSHA Technologyから「PKSHA LLMS」などを用いた技術支援を受けているという。

 弁護士ドットコムLIBRARY AIアシスタント(α版)は、弁護士ドットコムLIBRARY契約者専用の機能。弁護士ドットコムLIBRARYは、1900冊以上の書籍を検索・閲覧できるサブスクリプション型リーガルリサーチサービス。膨大な紙の法律書籍の中から情報を探す手間が省けるので、事件処理の方針検討や書面作成などの弁護士実務を効率化する。また、書籍の閲覧機能だけでなく、2200点を超える契約書式・合意書式例を「Word」形式で提供することで実務の効率化をサポートする。

 弁護士ドットコムは2月、「Professional Tech Lab」を創設し、弁護士や税理士といったプロフェッショナル領域で新しいテクノロジーを用いたサービスの研究・開発に取り組んでいる。その一環として、あらゆるリーガルデータを学習させたリーガル領域に特化したバーティカル大規模言語モデル(LLM)「リーガルブレイン」の構想を掲げる。5月には、生活者向けのAI法律相談チャットサービス「弁護士ドットコム チャット法律相談(α版)」の試験提供を開始している

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]