アルサーガパートナーズ、東急不動産、NTT、ドコモ、IOWNを活用したサービス開発の協業の検討に合意 ~リモート会議システム「Secure Hotline Powered by IOWN」開発を検討~

日本電信電話株式会社

From: Digital PR Platform

2024-02-14 12:38


 アルサーガパートナーズ株式会社(以下、アルサーガパートナーズ)、東急不動産株式会社(以下、東急不動産)、日本電信電話株式会社(以下、NTT)、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、2024年2月14日(水)にIOWNを活用した次世代サービス開発に関する協業に向けた検討(以下、本検討)に合意いたしました。渋谷からIOWNを活用したサービスを開発・発信し、広域渋谷圏※1だけでなく他の街にも導入を拡大していくことで新しいエンタメ・ビジネス体験を創出していくことをめざし検討を開始します。
 その第一歩として、APN IOWN 1.0※2を活用したリモート会議システム「Secure Hotline Powered by IOWN※3」(以下、本サービス)の開発について検討します。

※画像はイメージです

(リンク »)


1. 本検討について
 東急不動産、NTT、ドコモは「IOWN 構想※4に関連した技術・サービスなどを活用した新たなまちづくりに向けた協業」の取り組みにおいて、2023年12月11日には東京都渋谷区の「Shibuya Sakura Stage※5」にAPN IOWN 1.0を導入しました。また、アルサーガパートナーズは創業以来、渋谷を拠点に事業を展開し純国産のDXコンサルティング・開発パートナーとして、DX社会におけるあらゆる課題解決に取り組んできました。
 今回、4社はアルサーガパートナーズの事業拡大による「Shibuya Sakura Stage」への本社オフィスの移転※6を契機に、広域渋谷圏を舞台とした共創の検討を開始しました。4社は、日本の社会課題・クライアント課題解決目線の方向性が合致し、広域渋谷圏からIOWNを活用した次世代サービスを開発・発信し、新しいエンタメ・ビジネス体験を創出していくことを目的として、協業開発の検討を行うことに合意いたしました。今後、広域渋谷圏や他の街へIOWNサービスを広げていく過程の第一歩として、APN IOWN 1.0を活用した本サービスの開発を検討します。(提供主体・提供価格などは今後検討し別途発表します。)

2. 本サービスについて
 4社は、2023年12月の「IOWN WEEK」にご参加いただいた多くの企業から、IOWNの「高速・大容量・低遅延」の特性を活かすことができるサービスの開発を望む声が多くいただいたことから、本サービスの開発検討に至りました。本サービスは、APN IOWN 1.0の「低遅延・ゆらぎゼロ※7」の特性を活用することで、離れた場所のパートナーとまるで対面しているかのような臨場感ある会議体験の提供を検討します。

■サービスイメージ
①専用線による強いセキュリティ性
 IOWN専用線でのセキュアな環境でのリモート会議が可能なため、経営会議や未公開情報を含む会議、株式にかかわる企業同士の合意決定といった、機密性・秘匿性が重要視されるような案件でも安心して利用することができるよう検討します。

②誰もが使いやすいUX/UIデザイン
 本サービスは誰もが簡単に操作できるUX/UIデザインをめざします。初期設定や会議中の操作を直感的かつ容易に行うことができ、ユーザーはスムーズかつ快適なコミュニケーション体験を享受することが可能となるよう検討予定です。使い勝手のよいデザインが特徴となるように検討します。

3. 開発における各社の役割
 以下の役割で検討を進める予定です。


(リンク »)



4. 今後に向けて
 アルサーガパートナーズ、東急不動産、NTT、ドコモは、「Secure Hotline Powered by IOWN」を第一弾として、IOWNを活用した次世代サービスの開発を通した新しいエンタメ・ビジネス体験の検討を進めてまいります。

【各社のこれまでの取り組み】
■アルサーガパートナーズ株式会社
 創業以来渋谷を拠点に事業を展開し、純国産のDXコンサルティング・開発パートナーとして、DX社会におけるあらゆる課題解決に取り組んできました。この度、全国に先駆けてAPN IOWN 1.0が導入された東京都渋谷区の「Shibuya Sakura Stage」へ拠点を移すこととなり、最先端の通信環境を強みにしたものづくりで、より一層ユーザーの皆様にとって価値あるイノベーションの創出をめざしております。

■東急不動産株式会社
 全社方針として「環境経営」を掲げ、「環境」を起点とした事業拡大をめざしています。国内トップクラスの事業規模を持つ再生可能エネルギーの事業を推進し、2022年12月にはオフィスビルや商業施設など、対象となる事業所及び保有施設の全244施設※9にて使用する電力を100%再生可能エネルギーへ切換えたほか、都市緑化による生物多様性保全など、事業活動を通じた環境課題に取り組んでいます。

■NTTグループ(日本電信電話株式会社・株式会社NTTドコモ)
 多様性を受容できる豊かな社会の実現に向けIOWN構想を掲げ、光通信を中心とした革新的技術を活用し、これまでのインフラの限界を超えた高速大容量通信ならびに膨大な計算リソース等などを提供可能な、端末を含むネットワーク・情報処理基盤の研究開発を進めています。そして2023年3月には、「IOWNサービス」の第一弾として「APN IOWN1.0」の提供を開始しました。今後、IOWN構想では、光電融合デバイスをネットワークだけでなくコンピューティングの世界まで適用することで大幅な電力削減を図ることをめざしています。

<用語解説>
※1 広域渋谷圏とは、東急グループが「働く」「遊ぶ」「暮らす」が融合した持続性あるまちを目指し、
まちづくり戦略“Greater SHIBUYA 2.0”において定めた、渋谷駅から半径 2.5km のエリアのことを指します。
詳細はWebページ( (リンク ») )をご覧ください。
※2 APN IOWN1.0とは、NTT東日本とNTT西日本が2023年3月に提供を開始した、通信ネットワークの全区間で光波長を専有する
オールフォトニクス・ネットワーク(All-Photonics Network)サービスです。
詳細はWebページ( (リンク ») )をご覧ください。
※3 サービス名称は開発時点での予定となります。
※4 IOWN(Innovative Optical and Wireless Network)構想とは、あらゆる情報を基に個と全体との最適化を図り、光を中心とした革新的技術を活用し、高速大容量通信ならびに膨大な計算リソースなどを提供可能な、端末を含むネットワーク・情報処理基盤の構想です。
詳細は Webページ( (リンク ») )をご覧ください。
※5 Shibuya Sakura Stageとは、日本を代表するターミナル駅である渋谷駅に隣接し、代官山や恵比寿へのアクセスもよい桜丘エリアの約2.6
ヘクタールの敷地を一体的に整備して2023年11月に誕生した、渋谷の新たな次世代型ランドマークです。
詳細はWebページ( (リンク ») )をご覧ください。
※6 アルサーガパートナーズの移転については、こちらをご覧ください。
※7 時分割多重方式(送信する時間を固定化して情報を区別)を採用することで、トラヒック状況による遅延やパケットロスを抑制します。
※8 APN IOWN1.0のネットワークサービスにおける遅延の可視化と遅延調整機能を備えた端末装置です。
※9 一部の共同事業案件などを除く。

【別紙】

APN IOWN1.0の活用事例(IOWN WEEKイベント)


 東急不動産、NTT、ドコモは、2023年12月13日から12月15日までAPN IOWN 1.0 の「高速・大容量」「低遅延・ゆらぎゼロ」の特性を体験いただける「IOWN WEEK」イベントを開催しました。

➀ウェブ会議


(リンク »)

 4K映像のリアルタイムでの受信、接続先からのプレゼンテーションを企業向けに実施しました。従来の回線と比較して、大容量の動画ファイルも遅延なく投影できるほか、接続先の相手がまるで同じ空間にいるかのような臨場感溢れるプレゼンテーションが行われました。

②エンタメイベント


(リンク »)

 リアル会場とリモート会場に分かれたお笑い芸人が、漫才やラップバトルなどを披露しました。IOWNの低遅延性により、テンポが重要な要素となる漫才やラップバトルなどの掛け合いも遅延なく行うことができました。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本電信電話株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]