Workday、日本企業における多様性、公平性、包摂性 (DEI) の推進状況を示す新たな調査結果を発表

ワークデイ株式会社

From: PR TIMES

2024-04-25 14:16

信頼できるデータの取得が今後の進展の鍵に



組織におけるリンク ») ">人財およびリンク ») ">資金の管理を支援するソリューションプロバイダ大手のリンク ») "> Workday, Inc. (本社:米国カリフォルニア州プレザントン、NASDAQ:WDAY、以下 Workday) は、本日、「ビロンギングとダイバーシティのグローバル ブループリント(Global Blueprint for Belonging and Diversity) 」と題し、企業における Diversity, Equity and Inclusion (多様性、公平性、包摂性、以下DEI) イニシアチブの推進状況を浮き彫りにする最新のグローバル調査結果を発表しました。このグローバル調査は、Sapio Research と Workday が共同し、2023 年 9 月、日本を含む世界 19 カ国の 2,600 人のビジネスリーダー (CEO、人事、財務、IT、営業部門のリーダーを含む) を対象に行われました。多様性がますます重要視される中で、企業が DEIの重要性を認識するだけでなく、それらの価値を反映した行動を積極的に実施することが重要となっています。このレポートでは、より多くの日本の企業が DEI イニシアチブを採用していることが明らかになりました。同時に、 DEIデータの信頼性が低いと感じる人が増えていることも明らかになっています。

日本企業で重要性を増す DEI への取り組み
日本の回答者の59%がこの 1 年で DEI の優先順位が上がったと回答しています。DEI への取り組みを1つ以上実施している日本企業の割合は 90% に及び、79% が DEI 用の予算編成を行っていると回答しました。「自社で DEI への取り組みによるビジネスへの影響と価値を測定している人の割合」は 2022 年の 27% から 48% に増加し、職場の多様性をアピールして採用に繋げる必要性は、社員エンゲージメント向上の必要性と並んで、日本企業の DEI への取り組みにおける最優先事項の 1 つになっています。
[画像: (リンク ») ]
DEI イニシアチブがもたらすビジネスへの影響や価値観の変化を組織が測定しているかどうかとの質問に対し、「はい」と答えた回答者の数は 2022 年と比べ 21% 増加
データの信頼性が今後の進展の鍵に
取り組みを進める上で課題として浮き彫りになったのは、自社の DEI データの信頼性です。自社の DEI データは行動を起こすかどうかの判断基準に使えるほど信頼性が高いと答えた人の割合は、2022 年の 59% に比べ、今回調査では 37% と低くなっています。これは、DEI への意識の高まりとともに、データの信頼性に関する懸念もまた高まっていることを示しています。このデータの信頼性という課題に対し、多くのリーダーがテクノロジーの活用を重要視しています。82% が「テクノロジーを活用して DEI への取り組みをサポートしている」と回答、また、79% が「昇進の議論に対して最も良い影響を与えたのは AI などテクノロジーの活用である」と回答しました。

ワークデイ日本法人の代表取締役社長である古市力は、次のように述べています。
「本調査結果を通じ、近年日本企業において DEI への意識が高まっていることが明らかになりました。しかし、この意識の高まりと同時に、2022 年との比較においてデータの信頼性が低下していることが示されています。これは、DEI イニシアチブをさらに推進するために、適切なデータ、ツール、およびリソースが必要であることを浮き彫りにしています。測定可能な DEI 目標を明確に設定し、人財がアクションを起こせるようにすることで、組織は成長に向けた体制を確保できます。これにより、人財は業務や他の社員のために最善を尽くしたいと考えるようになります」

リーダーに適切なデータ、ツール、およびリソースを提供することで、DEI におけるギャップに対処し、自信を持って改善の機会を捉える準備ができるようになります。Workday は、従業員の声を聞くためのインテリジェントリスニングプラットフォームである Workday Peakon Employee Voice を通じ、従業員のエクスペリエンスを定期的に評価しています。従業員が自分たちの声が届いていることを確信でき、リーダーが従業員の感情の変化を感じ取り、トレンドを特定して適切な行動を選択することを可能にしています。

詳細はこちら:
調査報告書「ビロンギングとダイバーシティのグローバル ブループリント (Global Blueprint for Belonging and Diversity) 」はリンク ») ">こちらでご覧いただけます。

本調査について
本調査は、Sapio Research と Workday が共同し、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、フランス、ドイツ、香港、アイルランド、イタリア、日本、韓国、オランダ、ニュージーランド、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、英国、米国の 19 カ国の組織で DEI に影響力を持つ人事担当者やビジネスリーダー 2600 名以上を対象に実施しました。

調査は 2023 年 9 月、Sapio Research がメールおよびオンラインアンケートで実施しました。

Workdayについて
リンク ») ">Workdayは、組織にとって最も重要な資産であるリンク ») ">人財とリンク ») ">資金を効果的に管理できるよう支援する、最先端のエンタープライズ プラットフォームです。Workday のプラットフォームは AI を中核としており、従業員の能力を高め、業務の水準を上げ、ビジネスの絶え間ない前進を可能にするよう構築されています。中規模企業から Fortune 500 企業の 50% 以上に至るまで、10,000 以上の世界中のさまざまな業界の幅広い組織が Workday を導入しています。Workday の詳細については、workday.com をご覧ください。

英語版ウェブサイト: (リンク »)
日本語版ウェブサイト: (リンク »)

(C)2024. Workday, Inc. All rights reserved. Workday および Workday のロゴは、米国およびその他の地域で登録された Workday, Inc. の商標または登録商標です。その他すべてのブランドおよび製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。将来予想に関する記述
本プレスリリースには、Workday の計画、信念、期待などに関する記述を含む、将来の見通しに関する記述が含まれています。これらの将来予想に関する記述は、現在入手可能な情報および当社の現在の信念、期待、仮定にのみ基づいています。将来予想に関する記述は、将来に関するものであるため、固有のリスク、不確実性、仮定、および予測困難な状況の変化の影響を受け、その多くは当社の管理外であることが前提です。リスクが顕在化した場合、仮定が正しくなかった場合、または予期せぬ状況の変化が生じた場合、実際の結果はこれらの将来予想に関する記述に含まれる結果とは大きく異なる可能性があり、したがって、いかなる将来予想に関する記述にも依拠しないようお願いいたします。リスクは、2023 年 7 月 31 日に終了した会計四半期のフォーム 10-Q を含む証券取引委員会 (SEC) への提出書類、および今後 SEC に適宜提出する報告書に記載されたリスクが含まれますが、これらにだけには限定されず、実際の結果が予想と異なる可能性があります。Workday は、本リリースの日付以降、そのような将来予想に関する記述を更新する義務を負わず、また現在のところ更新する意向もありません。

本書、Workdayのウェブサイトやプレスリリース、パブリックステートメントなどに記載された、未リリースおよび現在利用不可なサービス、特徴、機能は、今後 Workday により予告無く変更される可能性があり、計画どおりにもしくは一切提供されない場合があります。Workday のサービス購入をご検討されるお客様は、現在利用可能なサービス、特徴、機能に基づいて購入をご判断ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]