編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

【EMCジャパン Tech Communityサイト】仮想化、クラウド化時代のデータ保護環境を見える化 Data Protection Advisor」新登場

EMCジャパン株式会社

2010-12-15

■問題が見えなくなっているデータ保護環境■


データ保護の対象は、物理/仮想を問わずサーバからストレージ、ネットワーク、アプリケーションにまで広がっており、バックアップやレプリケーションの手法やツールも乱立し、どこに問題があるのかを把握するのはきわめて困難です。


そこで、管理者はさまざまなツールを使い、データ保護に関する情報を手作業で紐付けながらトラブル・シューティングやレポート作成を行っています。これは非常に非効率で高コストなだけではありません。コンプライアンスの面でも、重要なデータは保護されているのか?災害復旧や事業継続性は確保されているのか?必要なサービス品質は確保されているのか?など不透明な管理状態にあります。


また、このまま仮想化、クラウド化を導入させていくことはデータ保護環境とその管理の複雑性を加速させることになります。ますます見えにくくなるデータ保護管理を常に見える化することが、今ほど求められているときはありません。


■あらゆるデータ保護環境を一元的に可視化するDPA■


Data Protection Advisor (略称DPA)は、EMC製品をはじめとした他社の物理環境・仮想環境のレプリケーションおよびバックアップ製品やデータ保護インフラストラクチャからも情報を収集して解析し、情報に基づく迅速な意思決定、問題の迅速な解決、サービス・レベルの維持を可能にする一元管理ツールとして開発されました。


現在、レプリケーションやバックアップのアプリケーションは幾つも存在しますが、そのほとんどすべてを一元管理できるのはDPAしかありません。また、データ保護のアプリケーションに限らず、ストレージやファイル・サーバの監視・解析・レポーティングまで総合的に対応し、可視化できる唯一の製品といえます。


続きはこちらから >> (»リンク)

EMCジャパンのTech Communityサイト (»リンク) では、ストレージや情報管理に関する最新技術を多数紹介しています。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]