変更コントロールソリューション「Tripwire Enterprise」定期製品説明会~日本版SOX法対策:内部統制の有効性は、こうして証明する!!~

京セラコミュニケーションシステム株式会社 2006年11月29日

開催場所: 東京

開催日:  2006年12月7日

申込締切日: 2006年12月7日

 Tripwire Enterpriseは、ITシステムの変更コントロールを実現することで、ITシステムに加えられた全ての変更を検知、さらに正当性の評価、変更履歴の管理、レポート出力が可能になります。ITシステムの変更をコントロールすることで、改ざん検知という直接的な情報セキュリティ強化はもちろん、コンプライアンスの証明という効果も発揮します。

 特に日本版SOX法対策においては、内部統制が有効に機能していることを証明することが重要になります。ITシステムの変更を確実にコントロールする事で、「未承認の変更が行われていない」「不正に改ざんが行われていない」といったITシステムにおける内部統制の有効性を効果的に証明できます。

 本セミナーでは、TripwireEnterpriseの変更コントロール機能、およびその具体的な運用について、デモンストレーションを交えてご紹介します。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!