編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

情報洪水を解決し、企業活動を革新するエンタープライズサーチとは ~Enterprise時代における最新動向と導入事例~

住友電工情報システム株式会社

2008-03-03

開催場所: 東京

開催日:  2008-03-03

申込締切日: 1970-1-1

社内の電子データは日々蓄積されています。その数は膨大になり、情報を探し出す事に費やされる時間も増加しているのではないでしょうか。
一方で「Web2.0」を構成する技術を「Enterprise2.0」として、企業革新に取り入れようとする会社や組織が増えています。特に注目を集めているのがエンタプライズサーチ(企業内検索)です。ただし、どの製品をどのように使えばよいかを理解されている企業は少ないのが現状です。
爆発的に増加する社内の電子データを有効利用するために、エンタプライズサーチの選択と活用方法は重要なポイントです。
本セミナーでは「Enterprise2.0」や「エンタープライズサーチ」の概要やトレンドをご説明し、具体的な活用方法について最新の事例をもとに紹介いたします。

<プログラム>
1. 基調講演 「Enterprise2.0時代に求められるエンタープライズサーチとは」
~最新動向と価値最大化のアプローチ~
講演者:リアルコム株式会社 取締役CMO 吉田健一氏
    /リアルコム株式会社 プリンシパルコンサルタント 松本崇志氏

2. 事例セッション 「エンタープライズサーチ先進事例のご紹介」
~大規模構築事例のご紹介と構築のポイント~
講演者:NECソフト株式会社 ITシステム事業部 コラボレーションサービスグループ
プロジェクトマネージャー 後藤 和博氏

3. 事例セッション 「こんな使い方もある!企業内検索」
~お手軽版から基幹DB横断検索まで。QuickSolutionの驚くべき力~
講演者:住友電工情報システム株式会社 システム営業部 部長補佐 伊藤彰康

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]