Livelink ECM 文書徹底活用セミナー  『文書&コンテンツの最適管理への取り組み』

オープンテキスト株式会社

2008-06-12

開催場所: 東京

開催日:  2008-07-08

申込締切日: 2008-7-5

◆ 文書のライフサイクル全体を管理するコンテンツ管理基盤
◆ ワークフローによる文書の承認管理とプロセス統合
◆ 重要文書保管に役立つレコードマネジメント&アーカイブとは
◆ 紙文書と電子情報の連携管理
◆ 複数ファイルサーバーの統合管理の実現
・・など、様々な視点からソリューション概要を紹介
   
ビジネスの複雑化、グローバル化が進む中、従来の情報管理アプローチでは対処できない課題が出てきています。とくに企業で取り扱われる多くの文書や情報は年々肥大化し、その形式や処理プロセスも統一されていません。そのため、様々な視点と現状の課題から、新たな情報管理アプローチを掘り下げていく必要があります。

このたび、 文書の作成から廃棄にいたる文書プロセスの徹底管理、複数ファイルサーバーの統合化、紙文書と電子文書の統合管理、重要文書の長期保管対応など、様々な文書管理ニーズに即したソリューションとして、Livelink ECMの機能概要をデモンストレーションを交えてご紹介するセミナーを開催することとなりました。

この機会に、文書の作成から廃棄までのコンテンツ・ライフサイクル・マネジメントを実現するLivelink ECMソリューションをぜひご体感ください。

ぜひ、ご都合をお繰り合わせの上、ご参加いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]