スクウェア・エニックス、コンテンツ管理基盤で電帳法対象書類の管理を効率化

NO BUDGET

2024-03-26 15:10

 オープンテキストは、スクウェア・エニックスが、デジタルコンテンツ管理プラットフォーム「OpenText Extended ECM for SAP」を導入したと発表した。

 今回の導入によってスクウェア・エニックスでは、1カ月当たり4000件分に上る電子帳簿保存法対象の書類の電子化が進み、紙や印刷コストの削減、保管スペースの削減の効果を見込んでいる。

 OpenText Extended ECMでは、「SAP S/4HANA」上で書類を添付した伝票を経理部門が承認するだけでタイムスタンプを付与し、エビデンスを確保した書類を自動保管できるようになった。

 書類の作成者は、OpenText Extended ECM自体を意識することなく通常の業務処理をするだけで、法令を順守した書類をシームレスに保管、参照できるようになる。さらに電子化によって、取引先とは電子請求書発行システムなどでやりとりできるようになった。これにより請求書の印刷・封入・郵送作業や、メールの添付・送付作業がなくなり業務効率も大幅に向上した。

 OpenText Extended ECM for SAPについてスクウェア・エニックスは、SAP S/4HANAと統合されたソリューションとして提供され、グローバルでも利用可能であることを評価した。また、他システムとのオープンなAPI連携が可能なSaaSソリューションであることも採用のポイントとなった。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]