編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

シェアードハブ

用語の解説

シェアードハブとは

(リピータハブ,shared hub,)
シェアードハブとは、イーサネット(10BASE-T)で利用されるハブのひとつである。
1つのホストから受信したデータをそのまま他の端末すべてに送信する。 従来型の、信号を増幅して中継するタイプのハブとスイッチングハブを区別するときに、前者のことを指してシェアードハブと呼ぶと言うことが多い。 送り先を限定しないため機密性の高いデータを受信するように利用するのには向いていないこと、送信先を限定しないためネットワーク上のパケットを増やす原因となることを理由に、データの宛先を管理できるスイッチングハブなどへの移行が進んだ現在では、あまり利用されなくなっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]