タグ付きコーパス

用語の解説

タグ付きコーパスとは

(タグツキコーパス,Tagged Corpus,)
タグ付きコーパスとは、品詞や統語構造などを付与してあるコーパスのことである。
自然言語処理において、確率的な言語モデルに基づき機械学習などを使って統計的にコーパスを処理する場合には、品詞や統語構造が予めメタデータとして付与されている方が応用が利きやすい。 品詞の他にも、固有表現抽出や属性抽出のためのタグなどが付与されている場合もある。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]