編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

ハードリンク

用語の解説

ハードリンクとは

(ハードリンク)

 あるファイル実体に対して、その本来の名前に加えて、別のパス(PATH)によるアクセスも可能にする、UNIXファイルシステムの1機能。

ファイルの別名を実現するという意味では同様の機能を実現するシンボリックリンクという仕組みもあるが、実装からくる制限などで違いがある。

 UNIXのファイルシステムでは、ファイルは、ファイルのデータ実体が格納されている「データ領域」と、そのファイルの所有者や大きさ、作成日付、データ領域へのポインタといった各種情報を「Iノード」と呼ばれるエントリとで管理されている。 ハードリンクは、このIノードの仕組みを利用し、データ領域へのポインタが同じ「ファイル(のIノードエントリ)」を作ることで実現されている(ファイルへのアクセスは、Iノードをたどっていくことで行なわれるため、Iノードのファイル実体へのポインタが同じなら、パス名が異なっても同じファイルを指し示すことになる)。 Iノードはファイルシステムごとに管理されているため、ハードリンクには、異なるファイルシステム間でリンクを張ることができない、という制限がある(シンボリックリンクでは、ファイルシステムが異なっていてもリンク可能)。

 またIノードには、いくつのパスからリンクされているかという「リンクカウント」情報も格納されており、この数が2以上のうちは、リンクを削除しても実体が削除されることはない。 逆に、リンクが1の場合(そのパス以外にはリンクしているパスがない状態)は、それを削除した段階で実体も削除されることになる(シンボリックリンクでは、シンボリックリンクを削除しても実体が削除されることはない)。

 もともとのUNIXにおいては、viとex、viewというコマンドにハードリンクが用いられている例が有名(これらのバイナリプログラム実体は1つで、起動時のファイル名で挙動が変わるようにプログラムされている)。 ハードリンクも、シンボリックリンクと同じく“ln”コマンドで設定できるが、一般ユーザーがハードリンクを利用することはあまりない。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]