割り込みベクタ

用語の解説

割り込みベクタとは

(ワリコミベクタ,interrupt vector,)
割り込みベクタとは、割り込みの要因を示す番号のことである。
割り込みには、ハードウェア割り込み、ソフトウェア割り込みがあるが、割り込みベクタによって、どのような割り込みが発生したかが分かるようになっている。 割り込みの発生要因によって、実行される処理(割り込みハンドラーと呼ばれたりサービスルーチンと言われる)はシステムによって決められている。 割り込みが発生した場合に処理するプログラムの先頭アドレスが格納されている対応表を、割り込みベクタテーブルと言い、テーブルの内容によって割り込みに対応した処理が実行される。 なお、割り込みベクタテーブルのことを割り込みベクタと呼ぶこともある。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]