編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

強制終了

用語の解説

強制終了とは

(キョウセイシュウリョウ,forced termination,)
強制終了とは、実行中のソフトウエアを動作状況にかかわらず強制的に終了させることである。
アプリケーションの暴走や停滞などにより、通常の手続きでは終了できなくなった場合に行われる。 強制終了すると、保存していない編集中のデータは失われる。 Windowsでは[Ctrl]+[Alt]+[Delete]キーを同時に押すことで、アプリケーションの一覧を表示させ、選択して強制終了させることができる。 あるいは、Windows自体を強制終了させることもできる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]