編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

10GBASE-W

用語の解説

10GBASE-Wとは

(テンジーベースダブリュー)
10GBASE-Wとは、IEEE 802.3aeとして標準化されている10GbE(10Gigabit Ethernet)の規格である。
10GBASE-Wの「W」は、10GBASE-Wのフレームフォーマットを、WANで標準化されているSONET(OC-192)/SDH(STM-64)に対応させるWAN PHY仕様であることを表している。 10GBASE-Wが、9.2942Gbpsのデータを64B/66B方式で符号化すると、データ量は9.58464Gbpsとなる。 この符号化したデータは、WAN Interface Sublayer(WIS)を用いて、伝送速度9.58464GbpsのSONET(OC-192)/SDH(STM-64)のペイロードに埋め込まれるが、制御情報が付加されるため実際の伝送速度は9.95328Gbpsとなっている。 なお、10GBASE-Wには短距離用の10GBASE-SW、長距離用の10GBASE-LW、超長距離用の10GBASE-EWの3種類の規格があり、それぞれ用いる光ファイバの種類と光の波長が異なっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]