B to B

用語の解説

B to Bとは

(ビートゥービー,B2B,)
B to Bとは、商取引の形態のひとつで、企業と企業との間で取り交わされる取引のことである。
特に電子商取引(eコマース)の分類として用いられることが多い。 B to Bで取引される対象としては、商材から事務用品、人材派遣など、多岐にわたる。 電子商取引の市場の大半はB to Bであると言われている。 インターネットを通じてアプリケーションソフトをレンタルするASP(Application Service Provider)業者や、B to B取引で生じる一連のプロセスを全てシステム化して提供する仲介者も存在する(電子調達業者としては Ariba Buyerが代表的である)。 なお、B to Bのような電子商取引の形態としては、企業と一般消費者(Consumer)の取引である「B to C」や、一般の消費者同士の取引である「C to C」、あるいは企業と提携先企業の従業員(Employee)との間で行われる取引である「B to E」などがある。 企業が政府や自治体(Government)との間で行なう「B to G」もある。

用語解説出典   powered by. Weblio

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]