CCITT

用語の解説

CCITTとは

(シーシーアイティーティー,国際電信電話諮問委員会,国際通信連合・電気通信標準化部門会,)
CCITTとは、気通信に関する規格や技術の標準化などを行なっている団体の名称である。
1956年に国際連合により設立された。 4年のスパンで勧告書を冊子の形で提出している。 これまでに提出された仕様書の中には、光ディスクの仕様書として有名なOrange Book(1980年)、Red Book(1984年)、Blue Book(1988年)などが知られている。 1993年には、CCITTはITU(国際電気通信連合)の下部組織として改組され、ITU-TSS(International Telecommunications Union-Telecommunication Standization Sector)となった。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]