CSMA/CA

用語の解説

CSMA/CAとは

(シーエスエムエーシーエー,)
CSMA/CAとは、無線LANで採用されている媒体アクセス制御方式で、同一のチャネルに複数のユーザーがアクセスする際の競合を回避する方式である。
IEEE 802.11で採用されている。 無線LANは送信信号が微弱であるため、同じチャネルを流れる信号の衝突(コリジョン)が発生しても検出することができない。 CSMA/CAは、そのような衝突が起こらないように送信状況を常に監視している方式である。 各端末は通信路が一定時間以上継続して空いていることを確認し、その後にデータを送信する仕組みをとっている。 データが正しく受信されれば、受信側からACK(Acknowledge)と呼ばれる信号が返ってくる。 ACK信号が返ってきた際にデータの授受が成立したと判定される。 ACK信号が返ってこなかった場合には、コリジョンが発生したと判断され、データを再び送信する。 なお、CSMA/CAは基本的に無線LANで用いられる方式であるが、有線でも採用される場合がある。 AppleのMacOSに標準搭載されている独自のネットワーク方式「AppleTalk」が、CSMA/CA方式を採用している。

用語解説出典   powered by. Weblio

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]