ColdFusion

用語の解説

ColdFusionとは

(Adobe ColdFusion,アドビコールドフュージョン,コールドフュージョン,)
ColdFusionとは、Adobe Systemsから提供されている、動的なWebアプリケーションサーバーを構築するためのプラットフォームの名称である。
ColdFusionは、CFML(ColdFusion Markup Language)と呼ばれる独自の言語が利用可能となっており、データベース接続、アプリケーションサーバーとの連携などを、容易に図ることができる。 また、CFMLの記述は、HTMLに似た比較的シンプルな構造であり、他のスクリプト言語に比べると開発やメンテナンスは容易だとも言われている。 2008年8月現在のColdFusionの最新バージョンは、2007年9月に発売されたColdFusion 8となっている。 主な機能として、サーバー監視機能、Microsoft Exchange Serverとの連携、PDFの操作などが追加されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]