編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

IPsec

用語の解説

IPsecとは

(アイピーセキュリティ,)
IPsecとは、IP上でセキュアなパケット交換を行うための通信プロトコル群のことである。
IPsecには暗号化の形態として、「トランスポート」と「トンネル」の2つの形態が備わっている。 トラスポートにおいては、各パケットのデータ本体の部分だけが暗号化され、ヘッダー情報は暗号化されない状態のままやり取りされる。 トンネルはさらにセキュリティ性の高い仕組みであり、ヘッダー情報とデータ本体の両方が暗号化されるようになっている。 パケットを受信する側は、IPsecに対応しているデバイスによって各パケットを復号する必要がある。 IPsecは、仮想プライベートネットワーク(VPN)の通信プロトコルなどとして幅広く採用されている。 現在のインターネットで使用されているIPv4では、IPsecは拡張仕様として利用可能になっているが、将来利用可能になる予定のIPv6ではIPsecが標準で対応する予定となっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]